連休は岩国とか(その当日)(その5)

その当日。
広島駅から岩国までの電車は以前の経験からすごく混むのは分かっていました。
(首都圏の朝の通勤電車よりマシですが、途中で乗ってこられるので岩国ではそれなみに・・・)
また始発で行っても岩国駅からのシャトルバスはまたすごく並びます。
よって今回は始発で行って歩いて基地まで行くとしました。
自転車があれば少しは早く・・・・ですが、あの混んだ電車で輪行はちょっと無理じゃないかな・・・・

始発電車は5時15分ぐらい(もう忘れたの・・・)ですが、5時ごろに行ってシャッターが開くのを待ちます
この時にICOCCAとかPASMOとか用意しておいた方が良いかと。
(じゃないとシャッターが開いてから券売機に並ばなければならず、その間に後ろからくる方に抜かれてしまう)

また車両の号車もあまり端だと岩国駅でホームから出るのに時間がかかってしまうので要注意です
(これも何号車がいいか書くべきなのですが、忘れてしまいました)
写真は5時ごろの広島駅で並んだ状態
IMG_1636.jpg

無事に電車に座れたところ。
この列車以外は駅はガラガラです。ええ、きっと公開がない普通の祭日だと駅全体がこんな感じでしょう
P1010082.jpg

岩国に到着。
歩いていきますが、天気がいいのならばお茶等のペットボトルを買っておくのがお勧めです
ええ、売店も並びますから
途中の橋から。瀬戸内海の穏やかな海が広がります
ええ、ビール飲みながら一日海辺で過ごすのもいいかも
P1010084_2017052623054128d.jpg

入場時に手荷物検査。身分証明書(今年の岩国は免許証だけでOKでした)を見せて入場です。
ええ、フライトラインまで遠いですので、歩きますよ~
P1010088.jpg

無事到着。まずは一杯!
IMG_1639.jpg

Griffin doll ! (heinkel He177) その4

塗装まで完了です
機側のモットリングですが、今回は鉛筆でアタリを付けておいてから吹いてます
使ったエアブラシは0.2mmのやつです
中華製ですが、使えました。ニードルをコンパウンドで磨くといいらしい
薄く吹くが隠ぺい力は欲しかったので塗料はフィニッシャーズのファウンデーションホワイトを使いました
まぁまぁいい感じになったのですが、アタリをつけた鉛筆の下書きが消えない。。。。」
最終的にはエナメルシンナーで磨いたのですが、これはアタリを消すように吹いた方がいいですね
IMG_1616.jpg

デカールをはりました
垂直尾翼のスワスチカは48のJu88から流用ですが、もっと大きい方がよかったかしら
DSC09691.jpg

今回、正直、シルバリング気味だったのですが、オーバーコートでスマイルカンパニーのクリア(艶消し50%)を吹いたら大体消えました。これは予想外でした

一応完成まで持ち込んだのですが、やっぱりここら辺はゆっくり作った方がいいかもしれない・・・・
DSC09689.jpg

タイフーン接近中(その5)

タイフーン完成しました。
脚を付けてパイロンを付けました
DSC09693.jpg

ちょっとスジボリが浅く、また主翼に隙間がでやすくちょっとトリッキーですが、外観はいいと思います

SRMはアカデミーF/A-18からです(手元にあったもので)
DSC09695.jpg

また作ってもいいかしら

連休は岩国とか(この世界の片隅に)(その4)

今回、呉に来たのはもうひとつ目的がありました

昨年公開され、現在もロングランを続けている映画”この世界の片隅に”があります
この世界の片隅に

舞台が広島、呉なのですが、聖地巡礼ではありませんが、その空気というか場所を見てみたかったのがあります
また、横須賀に育った者としてライバル呉はどういう街なのだろうかとも

映画の最後の方で瀬戸内海で空母が沈んでいるのがイメージされます
P1010019.jpg

奥のドックで戦艦大和が建造されたそうです。
横須賀と比べてこじんまりとしてますが、バックの山は横須賀より大きい感じが。
(横須賀だと山の上の方まで家が建ってます)
瀬戸内海のゆったり、おたやかな感じがしました(その前のビールが廻ったかしら)
P1010076.jpg

広島に帰ります。
がしかしその前に・・・呉は冷麺がおいしいらしいので。
IMG_1631_20170521083518100.jpg

広島に戻ったら・・・・
いい街かもしれないw
IMG_1634_201705210835214e4.jpg

早めに投宿したら、テレビでカープのディゲームをやっているじゃないですか!
新井さんのヒットで勝ち越ししたのを見て、また街にでます
やはり、これね
IMG_1633_20170521083520647.jpg

明日は岩国です

連休は岩国とか(ゼロ!)(その3)

続いて展示されている零戦
本機は琵琶湖に不時着水したのを回収され展示されております。(以前は京都嵐山博物館に展示されておりました)
特筆すべきは本機は最後期型というべき62型である点です。
右側の胴体銃を13ミリ機銃に換装されたのは以前より資料ではありましたが、写真も少ない状態でした。
それが実機が引き上げられたとは当時はかなりのインパクトでした。

P1010056_20170519222737300.jpg

主翼も当時のままであり日の丸に白フチがありません。
P1010058.jpg

カウル
右側の機銃溝が大きくなっております。左銃は廃止されていますが、溝は残ってます
ナセルが大型化されているそうですが、正直よくわかりません
P1010062.jpg

コクピット内がうかがえます
右銃がかなり後ろまで張り出しており、不時着時はちょっと怖そうです。
後部頭部上方のキャノピーが板張りになっております
P1010064.jpg

このあと、海上自衛隊博物館へ
潜水艦と掃海部隊がメインなのですが、水上艦艇等はまた他に作るのでしょうか?
除籍になった護衛艦のブリッジを丸ごと持ってくる等を希望
もちろん場所は横須賀でしょう!

掃海具のアタマです
ちょっとかわいい
IMG_1629.jpg
はやりでしょうか?
でもこんなにミニだったかしら
IMG_1630.jpg

プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク