FC2ブログ

500mm導入

昔のFDレンズの時から500mmレンズはあこがれでした。

これのためにキャノンに宗派変えした方多数。
超望遠で戦闘機の離陸も撮れてなにせ凄まじい解像力で写真を拝見してただスゴイと唸るばかり。
また値段も高く現代のEF500f4LIS II USMだと定価100万オーバーで手が出ない・・

今回友人から格安で譲っていただいたので紹介させていただきます
今回譲っていただいたのはEF500f4.5L USMでISなしのもの
ISなし・・・オッサンにはつらいかもしれないのですが、一度使ってみたかったので譲っていただきました。

家で立てたところ。
これは大きい。あと重いこと(3キロあります)これで振り回すのは大変かもしれない・・・
IMG_3650.jpg

今回、飛行場で使うためソフトケースを購入する必要があります。
(ハードケースを持ち歩くのはちょっと辛いかも)

昔はキャノン純正の白いバッグがありましたが(タケノコケースと言ってました)もうないそうで。
カメラと本レンズ等を全部入れるバックとか、カメラを装着したまま収納できるバックとかあります。

全部入れるバックはちょっと大きいし、このレンズを使う時には他のレンズもいるだろうとのことで
レンズだけが収納できるバックにしました

ニコンなのですが・・・レンズケースCL-L2にしました。(お値段も安いので・・)
IMG_3674.jpg

中を見ると固定用のストラップが付いてます。またクッション等も多く用意されており、他のレンズでもバックの中で遊ぶことがないですニコンの刺繍がされているのですが、自分は気にしない方です。
IMG_3675.jpg

入れたところ。ボディを付けたままでは入らないです。
このレンズを持って行くときはディパックにカメラですね。(両方ともショルダーバックだと辛そう・・・)
IMG_3673_20190310114843892.jpg


入手してから試写の機会を伺っていましたが、羽田に行ってきました。
場所は城南島海浜公園です。34Rの上がりを狙います
IMG_3697.jpg

実際に使ってみて分かったこと・・・

重い・・・
飛行場に500mmレンズとボディのみで来る方の気持ちがわかりました。他のレンズなんて持ってくる余裕ないです。
三脚を使うとしたらよほど立派なのを立てないと役不足。ジッツオだと10万だわ。
フードを付けると更に大きい。・・・風が強いときは大変だ
脚立の上で振り回すのは大変というか危ないかもしれない(今の体力では)。
これを海外に持っていくのは難しいかもしれない。

やっぱりブレるなぁ・・・1/500じゃ止まらないです。練習&体力錬成必要です
IMG_8190.jpg
IMG_8317.jpg


使う機会は少ないかも・・・練習しなければ。




和歌山再訪

和歌山に再訪してきました。

前回と同じ時間だけど、冬だとまだ日がでません
DSC03040_201902241327056f9.jpg

南紀白浜行きはやはりバスみたい
DSC03044_20190224132706634.jpg

ERJにまたお世話になります
DSC03046.jpg

CAさんの安全デモは小さい飛行機でしか見れないですね
DSC03050.jpg

羽田では早朝のRW34L(A滑走路)離陸の標準出発方式が設定されていましたが(Hummingbird 2depature)本年3月に廃止される様です。今回の離陸は自分では最後かしら

RWに乗ります
DSC03057.jpg

離陸しました.
この後Left turn
DSC03063_20190224132715c5f.jpg

Heading186で海にでます
つばさ橋とベイブリッジが見えます
DSC03069.jpg

更に上昇中、富士山とか南アルプスが見えます
DSC03087.jpg

うとうとしていたら到着
DSC03119.jpg

今回は時間に余裕があったので乗ってきた飛行機が上がるのを撮ります
南紀白浜空港のデッキです
DSC03121.jpg

写真用の窓を付けていただいております
結構大きくて70~200f2.8のズームを入れられます
DSC03122.jpg

真横だとAPSで70mmでは溢れます
DSC03127.jpg

朝の離陸はちょっと逆光だけどいい感じです
IMG_5141.jpg

その後、今回の目的を見てきました
子パンダは凶悪にかわいい・・・
IMG_5203.jpg

おねーさん方も元気そうだ
パンダの露光が難しい・・・黒の部分を測るとオートだとオーバーになってしますし・・・
IMG_5456.jpg

やはり和歌山ラーメンはうまい
IMG_3653.jpg

今回は日帰りなので(飛行機で日帰り・・・なにか出張みたいでイヤーン)飛行場に向かいます
帰りはシップチェンジして738です
ターミナル横から撮れます
IMG_5893.jpg

土曜日の最終便だけど混んでます。満席だそうです
DSC03140.jpg

乗る時にいただきました
これも早く見たいな
DSC03145.jpg

738だとビデオシステムがついているのね
DSC03142.jpg

また行かなければ・・・

キューキュー戦隊出動!(その1)

静岡まで100日切りました・・・皆様進んでいますか?

今年のクラブのお題目が救急とか救難とかのrescueものなのでこの機会にアオシマのポンプ車をやってみることに

運転席です
最近はネットで消防車の運転席は見れますのでそれを参考に塗ってみました
DSC02917.jpg

フレームは組んで黒を吹いておきます
DSC02919.jpg

排気管等は銀に
DSC02925.jpg

ここまでは順調でしたの・・・
キャブの窓周りはゴムなのでマスキングして塗ります
DSC02941_20190217164759e3b.jpg

ポンプの部分は赤と銀がメインです
まず赤から。上は黒を塗ってマスクしてます
DSC02943_2019021716480046a.jpg

赤を吹いてから銀を塗るのでマスクします。
チマチマしたマスクが続きます
まるでフネの甲板のマスキングみたいだ・・・
DSC03032.jpg

多分吹き漏れもあるんだろうな・・・

続きます

エアポート 2018 (その2)

HH-53微速ながら進んでおります
DSC03029.jpg

さてH-53系統で難関になるのはエアインテーク。
これはEAPSといい異物を吸い込むのを防止しております

実物はこういう感じ
IMG_5088.jpg

プラモはこういう感じでちょっと残念な感じ
DSC03026.jpg

これはいかんという感じでプラ棒で表現することを試したのですが、全周(それも2個)はできんなぁ
(これは途中で砕けたあと・・)
DSC03025.jpg

ここでレジンパーツ投入です
RES KIT社のです。対応メーカーが記載されていないのが不安でしたが
DSC03015.jpg

イイ感じです
DSC03023.jpg

仮合わせしても使えそうです。
H-53関連を作るならお勧めですね
DSC03027.jpg

最近査収した本を紹介

最近査収させていただいた本を紹介しますね

世界の傑作機はNo.18以来のA-7海軍型。
前回分と重複する記事は水野氏によるベトナム戦の記事のみで後は掲載写真も含めてほぼ新しいです。
今回はアーマメントの解説が充実しており、またポルトガル等に供与された機体のBu.No.リスト、TA-7からEA-7に改修されたリストが掲載されております。
最近の世界の傑作機で楽しみにしている鳥養さんの解説が少ないのがちょっと残念でしたわ。
欲を言えばキリがないのですが(もっと日本の雑誌らしくVA-56.93、岩国UDP組に焦点を当てても良いのでは)細部写真、特に複座型の後席写真とか欲しかった
次回は是非前回は遂に出なかった空軍型の出版を期待したいですね。(後席なら日本人も搭乗経験もあったし・・・)
DSC03030.jpg


ホビージャパン誌のextraは月間誌と異なる紙面構成で毎回楽しみにしています。
今回は模型展示会の特集で、昨今の展示会の紹介からはじまり、開催方法(サワリですが)が解説されており、とりあえず次回どこか行こうか?との気持ちにさせてくれます。
紹介されている展示会はオーセンチックなモデリングではなく、どちらかと言えばサブカルチャー的要素の模型展示会を主にされています。
第2特集は1万円でホビーライフを豊かにする方法を特集されております。
プロモデラー諸氏がお勧め工具からはじまりそれぞれのジャンルでの1万円以下でのお勧めキットとか面白いですね。
自分なら・・・日帰りで基地祭に行って帰りにちょっと飲んで・・・をお勧めするかもしれない。

最後にUS-2
2巻になりいよいよ開発が進められていくなか、いろいろな問題に直面します。
途中で説明が入りますが内容(というか物語の背景、前提)が濃いというか深く読者の方もついてくるのが大変だと思います
ええ、これがちゃんと理解できるのは国内航空機製造(技術とか営業)に従事して10年以上の経験がいるのでは・・・
(コレの解説本だけでも売れるのでは)
一番びっくりしたのがこの本のカバーを外した時に現れるもの。
現代の航空機設計を見たことがある方なら、雑誌等ででている図面と違いこれは・・・と思っていただけると思います。
(2巻で気が付いて1巻もみたら・・・寸法まで入っているやん!)
DSC03031.jpg

プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク