FC2ブログ

USA travel tip カメラバッグ

今回、2か所の基地の公開に行ったのですが、やはりセキュリティは厳しく、手荷物チェック、X線検査が行われていました。
また荷物の制限がありました。例として来週行われる嘉手納基地の制限を見てみましょう
(6月29日です。詳しくはこちらね)
Kadena american fest

バックパック(リュックサック)、横断幕、標識、缶、ガラス瓶、クーラーボックス、アルコール飲料、300ミリ以上レンズのカメラ、麻薬類、火器類、ナイフ、爆発物、または武器類とみなされるいかなる物品・装備も、アメリカフェスト会場への持ち込みは禁止されています。 (注:オムツ用バッグや小さめのバッグは持ち込み可)。

この中で300ミリ以上のレンズは嘉手納オリジナルの制限ですが、それ以外は今回廻った基地も同様です

公開に行くときは当然(?!)カメラを持って行くと思うのですがこのときのバッグが問題になります。
まず、背負うカメラバックはダメ。あとは・・・・正直担当者の判断が多くを委ねられているようです

こういうのも持ちこめた方もいますが、これより小さいのでダメだしをもらったかたも
DSC01760.jpg


自分はコレですが、一応クリアできました(でも担当者によってダメかも・・・)
IMG_0949_1.jpg



本体はユニクロのトートバッグで、EOS7DプラスEF100~400とEOS5Dプラスタムロン28~70を組んだまま入れます。
(センサのゴミが怖いので基本的にはレンズは外さないことに)
このトートバッグは後ろにループが付いているのでキャリアにワンタッチで付きます
IMG_0190_20140622081111aa7.jpg


中身はこういう感じで中のポケットにメモリとか入れておきます。
IMG_0191.jpg

で、最近はEチケットとか宿の予約とかネットで行うのも多いですが、バックアップで紙で焼いておくのもありますね。あとパンフレットとか貰ってもカメラバッグに入れておくとシワシワになることが・・・・

100均で売っているA4が入るクリアファイルに入れるようにするとシワシワにならずいいですよ。
それはさきほどのトートバッグの手前の仕切りに入れておきます。おすすめであります
IMG_0193.jpg

あと、荷物をまとめたらソレを携帯の写メで撮っておくと、荷物を預けてピックアップする際にどんな荷物?と聞かれてもBlack tote bag with carrier・・・・ではなくコレ!と携帯を見せるだけでイけるのでお勧めです。ええ、RIATで英空軍大尉殿にvery nice ideaと絶賛していただきましたよ

USA travel tip コンデジのフード

今日はWorld cupの初戦でしたので、朝から見てました。
どうも日本代表戦は夜見ることが多いので、飲みながら見る→勝つとゴールシーンをニュースで復習しながら飲むor負けたらやけ酒を煽る→酔って寝る。でしたが、今日は試合が終わったら正午ごろ・・・・なにか変な感じがします・・・・
マ、次に備えて切り替えていきましょう

さてTips
考えてみればアメリカに限ったことではないのですが、機内からそとの景色を撮る際に、機内の方が明るいと反射して写り込んでしまいます。こんな感じね
DSC00523.jpg

これではちょっとアレなので、フードをつけてみることに。
モノは下水詰りを直すものを加工してみました
IMG_0127.jpg

効果は・・・・・
ターミナルでの撮影で中の蛍光灯が写りこむのも防げます
これが未装着。右上に写り込みがあります
teriari.jpg

装着すると写り込みがなくなります
terinashi.jpg

欠点は広角だとすぐケラレが生じることでしょうか(前の写真も右下にケラレがあります)
ちょっと望遠にすると解消するのですが、広角時は要注意です

今後、国内線でも着陸時のデジカメ撮影が緩和される話もあり、地上を撮るチャンスが増えると思いますので、このフード、安くで効果はありますのでお試しの程を


DSC01684.jpg

USA travel tip ネバーロスト先生との付き合い方

アメリカの公開も7か所ぐらい廻ったので、乏しいながら気が付いたことをtipsとして残しましょう
今回はNAVIの話
DSC02333.jpg


アメリカでレンタカー会社はそれこそ星の数ほどありますが、最近はマイルとかの関係
もあってhertzさんにお世話になってます


以前は地図(ロードマクナニーとか)用意してましたが正直大都市のインターは怖いつか良くわからない
しかしながらナビが発達した現代、レンタカーにも付きました

Hertzさんに装備されているのはHertzオリジナルのネバーロストというシステム
これが悪評プンプンでNever findと言われる始末

自分なりにネバーロスト先生とお付き合いした結果をちょっと纏めてみますね
なお、このネバーロストシステム、定期的にUpdateするみたいで、2014年5月時点の感想であることをお断りしておきます

言語の選択
システムの電源を入れると”select langage”とシステムの言語を選べます
僕は日本語と英語しか試したことがないのですが、英語の場合、出口のインター番号を読み上げてくれます
日本語の場合は次の出口で・・・・なので、出口が連続する都心部では有効かと。でも僕は日本語だなw
あと距離がマイルとキロで選択できますが、道路標識との整合を考えるとマイルの方がいいかな

目的地の入力
今回の目的地として入力したのは”Barksdale AFB””JRB Dallas"ですが・・・・・
Barksdale AFBはそのまま入力してOKでしたが、問題はDallas
JRBではダメ(目的地として認知しない)NASもダメ、naval air station dallasでやっと入力できました
ここは柔軟に考えましょう

ネバーロストさんの指示
ちょっと高速を指示とおりに走ると分るのですが、曲がるちょっと前に指示がありますので、そのタイミングを
飲みこめばOk(なはず)。連続で曲がるときには、特に高速で右端のレーンから左端に替わる場合にはあらかじめ
飲みこんでいないと(その次の方向)難しいのですが、画面の左上にその次の方向が示されるので、それをチラ見
すれば少しは足しになるかも・・・・
なお、ネバーロストさんの指示の前に廻りの交通状況を見るのはもっと大事です。
また、やはりあらかじめ地図を見ておいてどのハイウエイに乗るか番号くらいはチェックしておくと
道路標識で確認しながら航法できますのでお勧めです。

その他
道を間違えても、ネバーロストさんは次のルートを考えてくれますので大丈夫です
(たまに合法的な手段でユーターンを指示しますが)
あまり多いと電源が落ちますが(今回あり)慌てずにどっかの駐車場(ファーストフードとか)に入れて
再立ち上げしましょう。ええ、正直グーでパンチしたくなりましたが。

PS
Hertzの場合、Ipodとの接続キットはついてないみたいです。
現地のラジオを聞きながらドライブするのも良いのですが、長い距離だと飽きてくるのも事実。ええ、眠くなりますわ
そのためCDで好きなのを持っていくと良いかと。特に眠気防止には”歌える”曲がいいかしら
自分は・・・・ZARDを持っていきましたが・・・・来年はRCサクセションかな

EA-18G vs F/A-18E/F その2

ちょっと間が空きましたが
outer wingの違いを見てみます

下側からみたEA-18G ECMポッド基部です
F/A-18E/Fにあった翼端の編隊灯はないようで、ECMポッドを取り外した状態での運用はないみたいですね
IMG_9047.jpg
またF/A-18E/FのLAU127と付け方が違うようです
大きさ、重さが違うからでしょうか?
IMG_4099.jpg

またエルロン取り付けフィッティングの処理も異なります
これはF/A-18E/Fですが、外側フィッティングにへこみが見られます
IMG_9050.jpg
EA-18Gではありませんね。
動翼の脱着の後もないので(ペイントのタッチアップ等がなかった)製造時からだと思います
IMG_9048.jpg

内側も異なっていて、F/A-18E/Fでは四角錐状の膨らみがあります
これはなんだろう・・・・
IMG_9049.jpg

あとエルロンが両側ダウン位置にあるのは本機(EA-18G,F/A-18E/Fを含めて)はフラッペロンで、フラップの役割で両側がダウンになり、また油圧アウトだから自然に降りた訳ではないです。
(折りたたみを考えてダウンを選択している。アップの状態で畳むと外側と内側が競る可能性があります)

まだ他にもあるかもしれませんね

EA-18G vs F/A-18E/F その1

ああ、もう厚木の公開から一週間たったのね
さて、今回EA-18Gを至近距離で見ることができた(去年の三沢はロープ張ってあり、また昨年の厚木は自分の都合で参加できず)のでちょっと

まず機首から

これEA-18G(早くも再張りですがご容赦のほど)
IMG_8971.jpg

F/A-18Eと比較してみましょう
IMG_8975.jpg

ヌリから行くとVAQ-141はCAG機の左にDCAGの名前を入れているのですが、他の飛行隊を見るとCAG機の左はCAG名を入れるのが多いみたい

また突き出しているのが3か所ありますが、EA-18では1か所です。
その差の二か所はGun関連の安全確認(ひっこんでいると発射可能とかね)だと思います
パネルはEA-18と共通で、相違する二か所はブランクパネルで埋めてますね

地上状態でPilotを乗せない状態だとこの部分はプラモでも再現できる部分ですね
(デティールが増えていいのでは?)

Gunの話題がでたので発射口
これがEA-18
IMG_8972.jpg

こちらがF/A-18E
IMG_8973.jpg

発射口跡はちょっと盛り上がってますね。あとガスパージの穴はきれいにふさがれており、F/A-18E/Fとは別物みたいです。

この盛り上がりはモデリングする際には要注意かなぁ(量がよくわからない)

その他
F/A-18E/F/G系統のインテークはかなり秘密度が高く(ステルス性かな?)公開されるときはかならずインテークカバーが実施されます。このカバー、ボーイング謹製のものですが、飛行隊毎にマーク入りのを使ってます。VAQ-141のはこれで、飛行隊名ではないのが目につきます。
これはモデリングの際には色付きでかなり目立つ部分(中のボロ隠しにもなるし)再現するのも面白いかと思います。自分もSuper hornet作るときにはやってみたいなぁ
あとわずかに見える右タンク内側にもSHADOWHAWKSのロゴありです

IMG_8970.jpg
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク