FC2ブログ

タイフーン接近中(その5)

タイフーン完成しました。
脚を付けてパイロンを付けました
DSC09693.jpg

ちょっとスジボリが浅く、また主翼に隙間がでやすくちょっとトリッキーですが、外観はいいと思います

SRMはアカデミーF/A-18からです(手元にあったもので)
DSC09695.jpg

また作ってもいいかしら

タイフーン接近中(その4)

なんとか完成に近づいたみたいです

まずはヌリ。
明るめに調色して吹いています。RLM76よりちょっと明るめ&ブルー多めの感じです。(よく考えたらエアクラフトグレーに近いかも)
墨入れはタミヤのグレーをちょっと黒に振った状態。
最初、クレオスの新しいフィルタリング塗料の青を使ったのですがなにか違和感があり、やり直しました。
でもグレー系だとなにか薄汚れた感じになってしまい・・・・要修行です
DSC09570.jpg

このあとデカールなのですが・・・・
今まで電気ポットで温めたお湯を使っていましたが、すぐ冷めてしまい、何度も入れなおすのがめんどくさかったです。(特に細かいデカールが多く時間がかかる時はそう思います・・・・)友人からマグカップウオーマーがいいよと聞き早速導入してみました
水から温めるのには時間がかかりますが保温にはいいですね。中国製なので使う時に通電するのがいいかと(護衛艦しらねの事故もありますし・・・)
マグカップウオーマー
IMG_1554_20170416172603ceb.jpg

細かいのは一日で終わりませんなぁ。
ステンシルは黒だったのですが(実機はグレイ)模型的見栄えを優先させてしまいました
IMG_1555.jpg

乾燥させたあと、クリアを吹きます。
厚塗りすると問題多発らしいグッドスマイルカンパニーのクリアですが、整える程度なら乾燥も早くていいと思います
(最近模型屋さんで見ないのですが)
あとは脚を付けたら完成・・・かしら
DSC09656.jpg

タイフーン接近中(その3)

タイフーン、サフまで終わりました
うわ、こんなところが荒れたままや・・・マイドのこと
DSC09365.jpg

裏を返してみれば素晴らしいモールドが浮かび上がってきました
やるなぁハセガワ。こんな繊細なモールド潰したら再生できないです。

DSC09368.jpg

そろそろ塗りを考える時がきました
見た感じでは英空軍のは青みがないグレーで独空軍は青みがかったグレー。
これは両方並べてでは顕著に感じます
曇りの時でも感じましたので、青みがかかっているのは間違いないかな
IMG_9888.jpg

仕様書とか図面に載せられているのがドイツでもFSで指示されているかは・・・・アレですがネット上でこういうのがありました

全体はFS36320(35237という説もあり)
前縁とかフラップ内側は36280 インテークフラップ(というのは初めて知ったわ)内側BS381C 626 (英空軍と同じ)
インテーク内は26492 レドームはRAL7030だそうで
http://www.whatifmodellers.com/index.php?topic=11323.0

ハセガワのインストは36320にしています

クレオスで見ると35237は337番、36320は307番になります
36320はF-15の暗い方ですね
うーんこれなら36375の方が近いかな・。。
IMG_7826.jpg


スケールエフェクトを考えて36375に青ちょい足しぐらいにしておこうかしら

タイフーン接近中(その2)

かなり空いてしまいましたが・・・・進めております

このプラモちゃんと作れば隙間なく作れるハズ・・・なのですが、ヘタクソが作ると隙間がでますね。
モールドが繊細なので、消さないようにするのが大変。

胴体はつっかえ棒を入れておきます
DSC09200.jpg

インテークの奥は後からは筆が入らず、かと言ってエアブラシの噴霧は入ってしまう・・・ということでマスクしておきます
最後にピンセットで引き抜ける・・・・はず
DSC09202.jpg

主翼にも楔をいれて合わせてみました。こんなもん・・・で妥協ですわ
DSC09204.jpg

シートは基本形状が良かったのでベルト等の追加を自力攻勢。
今回は鉛板を使いました。

IMG_1425_2017012216111859b.jpg

コクピットに入れてみるとまずまずの密度感。(このあとHUDをつけました)
キャノピー越しに見える分には十分でしょう
DSC09352.jpg

そろそろ塗りですね

タイフーン接近中(その1)

今年は台風1号の発生が遅くなにもなければ良い・・・と思っていましたが、夏の終わりからどんどん発生してしまいました。
皆様もどうぞお気をつけていただければ・・・・・
また10月には英空軍のタイフーンが三沢に来ることがアナウンスされますます台風が・・・・

メッサーの次は現代ドイツ空軍の最新鋭タイフーンであります(ドイツではユーロファイターの方がポピュラーらしい)
キットはハセガワを使いますがちょっとどこを触るか決めておきましょう

ノーズの感じは特にいいのですが、インテーク上側はすり合わせが必要ですね
DSC08701.jpg

主翼は繊細なモールドがあります(ちょっと浅いけれど)
ちょっとヒケがあるけれど、ここは見なかったことに
DSC08673.jpg

主翼にねじれが表現されており、実機と比較してもいい感じだと思います
DSC08706.jpg

IMG_0963_20161002140350f62.jpg

この機体、駐機した状態だとカナードが下を向くケースが多いのですが、ちゃんとしている(?)状態もあるので任意な位置でいいのかもしれない
インテーク下側のベーン状の扉は駐機状態では(タキシング中でも)空いている(下側に)のですが、下側だし目立たないからいいかな・・・・
IMG_9875.jpg

フラップというかエルロンが駐機状態では上側に反るポジションになっているのですが、これは悩みどころです
またなまくら後援なのですが、キットではちょっと厚いかも
IMG_9907.jpg

マーキングはキットのシュタインホフさんの記念マーキングにするつもり(書き遅れましたが複座にします)ですが、コーションデータが問題

ぱっと見る限り書いていないように見えるのですが、よく見るとロービジで書かれてます。
これも悩みどころです。イイ色のがあるかなぁ・・・それとも自作か
IMG_91907.jpg

なんとか進めてみましょう
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク