FC2ブログ

Twosair (その4)

やっと完成にこぎつけました
DSC06264.jpg

ハイビジの方はNWC Cjina lakeの機体です
装備は迷ったのですがFLIR(昔のはこんなに巨大でした)にしました
ホビーボス純正ですが、ちょっと細いです
DSC06242.jpg

DSC06244.jpg

ロービジはNaval Strike and Air Warfare Center所属機にしてみました
タンクは純正があまりにも細かったのでフジミorハセガワ(A-1)のをチョイスしたのですが、フジミのは短いのでハセガワのを2本にしました
(でも形状に不満あり。あと最近の再生産品を使ったのですがかなり大きなヒケがありました)
DSC06258.jpg

DSC06253.jpg

ちょっと反省事項を
塗料はクレオスorフィニッシャーズですべて指定を瓶ナマです
ガルグレー 実機のイメージそのままですが、72ではちょっと濃い。灰色9号とか薄めの方がいい
インシグニアホワイト フィニッシャーズのファウンデーションホワイト
隠ぺい力は抜群ですがもうちょっと黄ばんだ方がいいかな

ロービジはこれも実機どおりですがもうちょっと淡い感じがいいかな
最近のクレオスは塗料の濃度がちょっと薄い感じでしたがエアブラシで吹く感じは前よりいい感じです

スミイレはタミヤのを使い、ふき取りはコンパウンドで磨いてます。
もうちょっと丁寧にやってふき取る量を最小限にすればいいかも

デカールはエクストラデカールですが、質は最高ですね
クレオスのマークセッターを使いましたが溶けることもなくよく効きます
(機首の補助インテークにもフィットしました)

艶あわせのオーバーコートハグッドスマイルカンパニーのを使用
ハイビジは艶あり、ロービジは50%艶消しを使用
(かなり薄めて使用)
厚塗りしなくても効きました

いろいろ不満な点もありますが、次いきましょうか

Twosair (その3)

今年の夏休みも終わります
今年は一度も写真を撮りにいかず、飲みにもいかなかったコロナに振り回された夏でした(暑いし)
唯一、コロナ騒ぎになってから初めて映画にいきました
コンフィデンスマンjpを見に行ったのですが、面白かったですよ
ええ、シンデレラ姫がガラスの靴を落としたのは故意なのか・・・

さてTwosair進んでおり、ヌリまで進みました
1機は白とガルグレーで特に問題ないのですが(主翼の動翼は白ですが、エルロンとフラップに間はグレーみたい)問題はTactical paint。(昔はTactical・・・と言わずロービジと呼んでましたね)
IMG_5211.jpg

IMG_5204.jpg

写真、デカールの解説を読むと全面グレーなのですが、実機のヌリの大本MIL-STD-2161Aを見ると2色ヌリ分けになっております
実際、部隊のコロージョンコントロールで故意か塗料がなかった等の理由で1色にしてしまう(逆にコントラストをもっと付ける)例もあり今回は改修完了時ということでMILに従ってみました
dd.jpg

あとは吊るしモノをどうするか
300gal tank2本は積むとしてここで問題が
ホビーボス社謹製が細いのです。
ええ、ちょっと使えないレベルです
DSC06159_20200816155512ba8.jpg

フジミのと比較すると顕著です。左がフジミです
DSC06162_2020081615551404e.jpg

最良のはと聞いてみたらハセガワA-1に入っているやつだそうで確かにイイ
DSC06154.jpg

今回はフジミのとハセガワのを使ってみます

Twosair (その2)キャノピー絞ってみました)

大昔、山登りをしていた時があります。ガイドを買うと”~のガレ場を超えると頂上が見えてくる”とか書いてあっても
実際現場に行くとこのガレ場を超えるのに1時間くらいかかり、簡単に書いてあるけれど実際は~と思い知りました。
プラモでも同様で展示会等で”このキャノピー綺麗ですねー””ええ、絞ってみました”と軽く答えられる方がいてもソレは大変だたんだろうなぁ
と思ってました。

ええ、今まで極力ヒートプレスはやらない人生を送っていたので突如やることになりましたその始末記です
(プラ板でのセミスクラッチは大古にやりました(M3スチュワートの砲塔を初期型に・・・中学生だったわ))

ホビーボス社のTwosairですがキャノピ中心にパーティングラインが入っており、消した方が男前が上がりそうです
細かい水ペーパーとコンパウンドで磨いていたのですが、つい力が入って割れてしまいました
(やはりテレビを見ながらがよくないみたい)
IMG_4801_2020051015471873e.jpg

もう1機買う等考えましたが今回は絞ってみることにしました
(正直、一度やってみたかった)

ネット、模型雑誌を捲り準備開始

透明材はプラ板、塩ビ板等いろいろありますが、今回はまず100均(またや・・)に行ったので(模型屋さんがお休みだったのも一因)ケースホルダを購入
(これで4回できるはず)
IMG_4817.jpg

フチというかガイドは写真フレームを使用
IMG_4818.jpg

型は割れたキャノピー内側に木工パテを詰めました。表面はサーフェイサを塗ってから磨きました
柄は割りばしを使用
IMG_4795_202005101547172fa.jpg

柄を持ってもらい(妻にしていただいたのですが、これへの謝罪と賠償が・・・)いざRock,n Roll !

IMG_4819.jpg

ガスコンロであたため全体がトロっとしたところで押し付けます
IMG_4821.jpg

4個ぐらい絞って一番いいのを使います。
袴というか下側はもう少し伸ばした方が切りやすいです
IMG_4820_202005101547244c5.jpg

IMG_4823.jpg

切り抜いたあと機体に合わせましたがもちろん合わない・・・開状態決定です。

PS
友人にいいyou tubeチャンネルを紹介していただきました
腕利き揃いの浜松のクラブの方が絞られています。
コチラの方を先に見るべきかと
you tubeでの絞り

Twosair (その1)

コロナ肺炎が蔓延されていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
いろいろ情報がありますが、とりあえず手洗い、また家にいることが世界を救うらしいので、家にいましょうか。

さて複座のA-7機、空軍型(A-7K)は来日したことがあるのですが(千歳にCope Northで来ました。行きたかった・・・)
海軍型は結局来日しなかったと思います

今回は2機(TA-7CとEA-7L)をやってみます。

大昔は複座のA-7は改造アイテムで模型誌にも改造記事がでてました。
最初はホビージャパンでマッチボックスから、モデルアートでは48のをハセガワからやった記事が掲載されました。

現代ではホビーボスからリリースされているのでやってみます。
72のA-7は大古のハセガワ、レベル、エアフィックスが君臨していましたが、フジミから30年くらい前に連続してリリースしました。
当時はやっと出たと買っていたのですが今の目から見るとちょっとデティールがイマイチかと。

ホビーボスのは箱絵がイマイチ・・・
IMG_4763_202004051759015f6.jpg

中身は現代風で素晴らしいです。
世界の傑作機の図面と合わせてみましたが微妙に違いますね
電子機器室のモールドが素晴らしいです
P3180034.jpg

シートは2種入っており、改修前後ができます。
あっさりしたモールドですが、基本の形はしっかりしていると思います
P3180027.jpg

主翼は折り畳みはできません
P3180030.jpg

仮組してみました。シートはアイレスのを合わせてみましたがちゃんと入りますね
(どっちにしようか・・・)
キャノピーは真ん中にスジが入っており消す必要があります。(これから悲劇が・・・)
続きます
IMG_4794.jpg

プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク