FC2ブログ

試射!

出張とかの際にもトランジットの空港でコレは!の場面があります。
でもコンデジでは画質的にちょっと物足りない場面や、なにより望遠がない場面が多々ありました。
今回、マイクロフォーサーズの望遠を導入してみました

いろいろ見てみたのですが、パナのが良さそうということで45~150を導入しました。
フルサイズ換算だと300mm相当になります。
結果、軽くて小さいです。これならカバンの中に入れておけますね。

IMG_0257.jpg

では試射というコトで仕事が終わったあと羽田に行ってきました。
今の季節だと日が長いので仕事帰りでも撮れますね。天気が曇りでイマイチなのが残念・・・
まず就航が再開したB787。
結構イイ感じと思います

P62813711.jpg

P6281366.jpg

P6281303.jpg

テレ端だとこういう感じ
P6281396.jpg

等倍だとこういう感じで、APS-Cに比べると解像度がイマイチですが、曇りの所為かもしれません
マ、軽さを考えると及第点です
P6281362.jpg

でも羽田空港に行くと飛行機に乗って旅行に行きたくなりますね・・・
IMG_0263.jpg

IMG_0262.jpg

コンビニでは銀魂のコラボをしていました。
やはりあの方のはマヨネーズたっぷりなのだろうか?
IMG_0264.jpg

F-104 その3 うすうす攻撃

深夜、音楽を聴きながらプラモを作っているのが好きです。
このsituationは、冬でストーブにあたりながらの方がよりいいのですが、この初夏の季節、窓を開けて蛙の鳴き声(ええ、田舎なんです我が家。ヘタすると夜間訓練する機体の音で音楽が聞こえないときも・・・)を聞きながらもいいですね

まだ下こしらえなのですが、増槽のフィンを削ります。

atsume.jpg

途中
右のフィンは削ったのですが、左は途中です
kezutta.jpg

このプラの薄さを削って本物らしくする手法は昔からあるのですが、うすうす攻撃と名付けたのはMG誌でしたよね。
なんとなく夜長に似合う工作だと思います
あー2本でよかったwww
IMG_4339.jpg

密林からの届け物

このネット時代、通販の敷居がとても低くなったと思います。
PCの前から世界の品々をお願いすることができる・・・いい時代になりました。
もちろん本とかプラモも同じこと。ええ、よく利用します。

今回、前から欲しかったP-3本、Age of Orionが米amazonを見ると$38.35ではないですか!
即座にポチっとしてしまいました。
またイカロス書店でさんざ”買うたヤメタ音頭”を踊ったTomcat本も安かったのでつい・・・

(買うたヤメタ音頭:説明しよう!本、プラモ等で買う!と思い棚から引き抜くが、でもな・・やめた(高いし等)で戻す・・でもやっぱり買う!と引き抜くという一連の連続動作をいいます。師範クラスだと”買うたヤメタの舞いに進化するww)

まだ売っているみたい・・・
米Amazon age of orion

Tomacat本もまだあります
米amazon tomcat

でやっと来ました。(ええ,米amazonで買ってsurfaceだとやっぱり2週間近くかかるなぁ)
IMG_4330.jpg

まずAge of orion
開発経過はすくなく、またoperation的な記述も少ないですが、各タイプの解説は充実してます
発行が1998なので、AIP,BMUP改修等の記載はありませんが、当時最新鋭のOulaw hunterの記述が詳しい、
また初期にあった全面グロスブラックのP-3Aとかオフィシャル写真は公刊されたのは初めてみました。
誤植はちょっとあるけれど、(El coyoteはRP-3Aだよとか)20世紀のP-3本としてはトップクラスです。
現代の改修状況を反映させた続きが是非欲しいですね
IMG_4333.jpg

TomcatはF-14が艦隊からリタイアするときに相次いででたtomcatの本のひとつ
写真はそれほど新しくなく(ちょうどデジカメが普及しはじめる前夜かな)粗いのが多いですが、これでもかの空撮写真とパイロット連のテキストが良です。
決してプラモの資料には向きませんが(でも上面の写真が多く参考にはなると思います)が気持が伝わります
IMG_4332.jpg

IMG_4331.jpg

両本ともお勧めです

F-104その2

模型を作るとき、完成時をイメージされると思いますが、ソレは実機ですか?
自分は完成した模型ですね。
ええ、自分のは飛行機の模型ではなく、模型の飛行機なんです。
ミニチュアにしたときにどのように、自分のイメージを投影するというか・・・
プシュー.....知恵熱でました

飛行機はやはりコクピットからはじまります
まずはエジェクションシート
本キットではレジンはいらないでしょう。
ヘッドレストのベルト追加とシート右側のホースを追加しました
IMG_4320.jpg

計器盤はモールドとデカールが用意されていますが、このモールドはリキ入ってます
塗り分けてみましたが、正直72では初めてかも・・
でも透明部品にする意味が分らなかった。ええ、計器のガラスのみ塗り残すコトなんてできないし・・
IMG_4323.jpg

サイドコンソールも凄いモールドです
IMG_4324.jpg

さすがハセガワ、自社にマルヨンを持っていることだけはあるなぁ

F-104その1

みなさまも多分広大な蜜柑山を所有される方が多いと思いますが、どういうイキオイでキットの箱を開けますか?
自分は
1 ネットで実機写真を見て刺激された
2 展示会等で刺激された(必ずしも当該機ではなく、刺激された機体の横に・・・のノリもあり)
3 クラブの課題機になった
4 ニューキット♪
等々が多いですね

今回はネットでF-104Jの写真を多数拝見し、また友人のスゴイのを拝見し、積んであったハコを開けたら、カナダ国防軍のヌリに刺激されて2機やることにしました。
(1機は蜜柑山から抜いてきたけど、もう一機は・・・ええ、買ってきてしまいました)

今回は以下のノリでやろうかと思います
1 カナダ国防軍
  銀ヌリ・・・ジェットの銀ヌリの方法を確立したい・・というコトで銀ヌリ時代
  タンク2本。ウイング下および胴体下はパイロンのみ
  細部はキットのまま
2 F-104J
エアクラフトグレイヌリ
  必然的に83CWまたは、それの流れの機体になりますが、ちょっとみたところ、APW,無人機隊、202,204,207飛隊機だけかな?戦競機はまた今度
  タンクなし、SRMなしのクリーンな状態にします

で、今の状況
タンクは張り合わせたのですが、合わせ面消しに新兵器を投入しました
IMG_4306.jpg

仙波堂さんでも絶賛されております
http://www.sembado.com/index.html#NEWS
で、開けてみるとコレ
薄いステンレス(曲がったりしない)を打ち抜いて作ってます
刃がついていると言われますが、まず研ぎ直しはむりかな
IMG_4317.jpg

でタンクを接着したままはこれ
IMG_4316.jpg

削ったあとはコレ
ちゃんとRに合わせて削れるのでそこだけ平らになることがないです。
でも削った面はそれほど平滑ではないので、仕上げは必要です

IMG_4318.jpg

F-104Jみたいな小型機はともかく、B-52とか大型機ではお勧めですね。

世界の社内報から・・・military編

前回は飛行機製造会社を紹介しましたが、今回は軍の発行誌

まずは米海軍から
The hook
Tail hook associationという米海軍空母搭乗員の親睦会が発行する会報で、最新以外はOn lineで読めるようになっております

hook winter 2012

昔は厚木の地付マニアでhook読んでいるといえばホーと言われるくらい濃い雑誌ですが、現在でも健在です
記事は現在展開中の各空母、航空団からのお便り(という書き方がぴったりだ)から歴史まで掲載されており、面白いですね。
ここからdownloadできますが、凄く重いです
http://www.tailhook.org/

Th hookに掲載されるのは基本的にはhookを持つ固定翼機ですが、もう一つの雄、回転翼機もあります
navy helicopter associstionが発行するrotor review誌です
Hookと比べると白黒ページが多いのですが、中身はまた濃い・・・
pdfのdownloadはできず、onlineでの購読みたいです
rotor review
http://www.navalhelicopterassn.org/rotor-review/

もう少し一般的なNaval aviation news
ここも伝統があります(Back numberが面白いですね)
ここもpdfでdownloadするのではなく、onlineで読むのがおすすめみたいです
naval aviation news

http://www.history.navy.mil/branches/nhcorg5.htm

どこの軍隊でも安全教育の徹底は重要ですが、米海軍でも例外はありません
まずは搭乗員向けのapproach誌
approach.jpg

オペレーションの記事が多く、模型ではなく写真を撮ったり、ラジオを聞いて楽しむ方はお勧めです
Hawaiiから本土にtranspacするときに給油ブームが壊れたとか、興味深いです
またpilot連中、語るヤツは語るなぁ・・・・・
http://www.public.navy.mil/navsafecen/Pages/media/approach/Index.aspx

後ろの方にあるbravo zuluというのはよくやった!という意味だそうです

対するメカニック対象のmech
mech.jpg

個人的には一番面白いのですが、整備中の模型を作るのも参考になるのでは?
英語も結構クセがなく読みやすいと思います
http://www.public.navy.mil/navsafecen/Pages/media/Mech.aspx

対する空軍ですが、ズバリAir force
AF magazine

特に5月ごろに発行される年鑑(almanac)が貴重で、基本的には米空軍部隊は全部載っており、移動等が把握できます

安全はwingmanというのがあります
これは一般的な話題が多いようです
wingman.jpg

マ、hookとAir force誌が両極で、これらを読んでると英語も向上・・・・でも写真でWow!と言うのが多いかな!?

世界の社内報から

大昔、学校で英語を習い始めたころ、当時の英語の先生が興味のあることの英語の本を読めとなんども言われました。中学生のぼくらは、やはりPlayboyだろ!と思いましたが、見るではなく読むの!と見透かされてました。
やはり当時から好きだった飛行機の本(profileとか)読みましたが、その後ロッキード社のcode one誌等を読んだとき、なんてマニアックな社内報なんだと貪るように読みました。そのころはcode one誌を入手する自体も難しかったのですが、この現代、ネットでも十分読めるようになりました。

まずは世界の航空機メーカーを紹介してみましょう。
まずはBoeing
boeing.jpg

写真がとてもきれいです。軍民両方とも取り上げてバランスがよろしいです
以下のアドレスからmedia、Frontier on lineで読めます
http://www.boeing.com/boeing/

対して記事の内容の濃さでは抜群のロッキードマーチン
Code one誌はある種伝説ですね
codeone.jpg

http://www.codeonemagazine.com/index.html

Noerthrop Grummanはいきなり電子戦ポッドというマニアックぶり(違)
northrop frontlines
ここですが、並んでいるBrochureのページが濃いのが揃ってます
自分はスイス空軍のF-5整備中写真が興味深かったです
http://www.northropgrumman.com/AboutUs/BusinessSectors/TechnicalServices/Page

米に対抗して欧のエアバス。これも技術的な話が多く興味深いです
airbus.jpg


http://www.airbus.com/support/publications/

いろいろ見たのですが、最終的に一番豪華というか読み物として満足があったのがビズジェット
まずはdassult
写真もすばらしいです
FALCONER.jpg

http://www.dassaultfalcon.com/en/MediaCenter/News/Pages/Falconer.aspx

またdassultに限らず、shopを併設しているところもありますが、ここのはシブイ。
http://www.thestore-dassault-aviation.com/

まだいろいろあると思いますが、とりあえず一度、眺めてみたらいかがでしょうか?

さて次は・・・・最後の有人戦闘機だわ

静岡から帰ってきて、いやその前から次はなににしようかと思ってました。
(どうせ静岡で強烈な刺激をいただくのでその後で・・・と思ってました)
拝見したプラモで刺激になったTF-104G(ギリシャとトルコの)の端正な感じ、また友人のF-104Jをネットで拝見し自分も・・・と思い次はF-104にします
ハコを開けてデカールを見たらカナダの(銀ヌリのころ)も刺激的で2機やってみます。
デカールはこれね
IMG_4312.jpg

(TF-104Gのバイセンもイイと思ったのですが、キットが手に入らなかったの)

資料はこんなものかしら?
モデルアートは最近古本屋で買いました
特に航フ誌イラストレイテッドがいいですね
IMG_4311.jpg

マ、なんといっても実機が日本で見られるのがシアワセですね
IMG_7793.jpg
IMG_7827.jpg

F-104Jはエアクラフトグレーヌリが候補ですが、戦競機も興味ありますねー
IMG_4313.jpg

マ、進めてみましょう
まだこの状態だわ・・・
IMG_4314.jpg

プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク