FC2ブログ

ゼロ!番外2

ひと手間といっても、スジ掘りをやり直すとかではなく、見た目から入ります
以前に紹介したDisplay caseに入れてみます

以前の記事

木目に弱いのはオサーンの証でしょうか。
クルマのインパネでも木目に弱いです。
底を木目調にします

IMG_4959.jpg

使ったのは100均で売っている木目調のテープ(シール?)です
幅が足りなかったので2枚継ぎにしています
IMGP0246.jpg

付属の台を島に見立てます
IMGP0251.jpg

廻りの海はエポキシ接着剤(クリアなもの)にアクリル塗料を混ぜてみました
アクリル塗料は艶消しを使っても乾くと艶ありになります。接着時間が長い製品の方が混ぜたときの気泡が目立たないようです
IMGP0249.jpg

島の緑はタミヤの情景テクスチャーペイントを使います
筆で塗るというより、盛る感じです
IMGP0252.jpg


精密感を強調してモデル自体にはスミイレをしてみました
DSC00826.jpg


真鍮線で飛ばすと出来上がり。
ソロモン諸島上空を飛翔する感じがでればいいのですが
DSC00827.jpg

あと5機あるので、まだまだ楽しめそうです

ゼロ!番外1



UCCさんが今度公開される映画"永遠の0"とコラボしてコーヒーのおまけでゼロ戦等をつけてくれました
UCCさんのサイト
映画のサイト
食玩を集めるコトはないのですが、家人が買ってきてくれました。
(それも全6種とも。感謝してます)
DSC00761.jpg
ひとつ組んでみました
251空の22型ですね
すぐ形になるのがいいですね
普通はPCの上等に置いて(特に会社とか)埃だらけになったり、書類にひっかけて憐れ墜落~になるのが多いのですが、ここはちょっと一手間掛けてあげたいと考えてます。

ああ、食玩なのに一回で終わらなかった・・・

DSC00757.jpg

ゼロ!その7

墨入れやってみました
正直、実機だと光線状態がよくないと見えないし、きれいに端まで見えるわけでもない・・・・
そもそも最大でも0.060inchぐらい(1.5ミリぐらい)の段差しかないはずなのに強調してもねぇ

きれいに見える状態はこれかな?
晴れているし、光線状態で影に見える
IMG_9089.jpg

これは見えない例
ビズジェットは塗装が格段にいいし(クルマ並みにいい)曇りなのでよけいにみえない
まるでB787みたいなワンピース
IMG_6162.jpg

72というスケールから考えるとスミイレはないほうがよりリアルなのですが(実際新品とか塗装直後の実機はスジが見えない)プラモとしてはスミイレした方が精密感が増す感じです

やってみました
近づかないと見えないくらいの感じにしました
(黒々入っているのは好みじゃない・・・というかスジ掘りをやりなおしたところがすぐわかってしまうのでww)
DSC00746.jpg

オイルタンクのスリットとガンの排気口を黒くしてみました
DSC00748.jpg

で、タミヤのセロ
モールドは最高なのですがちょっと浅いのが難点
ちょっと擦るとスジ掘り内のも落ちてしまいます
よって細い筆で流してから、細い綿棒で廻りを落としてみました

使ったのはタミヤのスミ入れ塗料
濃度がちょうどいいです
色の濃さはちょっとグレイから黒を足してます
DSC00751.jpg

コピックもちょっと使いましたが、ブレンダーをラッカー塗料上でちょっと擦ると下地が禿げるとちょっとおっかなびっくりです
DSC00749.jpg

ゼロ!その6

ゼロもチビチビ進めております
だいたいヌリも終わったので紹介します
まずは21型
グレーはグンゼ灰色9号(電車の色です)に青(色の素のシアン)を入れて薄いブルーグレーにしてみました
イメージとしてはハワイの蒼が写りこんで青っぽく見えるイメージ

DSC00739.jpg

マーキングは2航戦の青バンドを巻いてみました。
青はいろいろ説があるそうですが、コバルトっぽい濃い青にしてみました
グンゼのインディブルーです

DSC00741.jpg

今回の52型のイメージは南太平洋でF6F等米新型機に対抗する新型機です
そう腕利きの搭乗しF6Fと渡り合う新鋭艦戦です
こんな感じ
IMG_7499.jpg

下面はグンゼ灰色9号をそのまま
上面はグンゼのグリーンに青(色の素のシアン)を混ぜて茶色を含まない濃緑にしました
太平洋の濃青です
DSC00742.jpg

あとはスミイレですね
今回はこのモールドをいかしてみたいですね
DSC00745.jpg

早く起きた月曜日には

横田基地の月曜日朝一の名物といえば、シンガポールに向かうDC-8
ほとんどスケジュール便では世界でも最後に近いのではないでしょうか?

この一年、月曜日がお休みで、天気がいいと早朝ドライブを兼ねて横田に出かけていました
これは5月の写真
IMG_9143.jpg

今週は体育の日でお休みでしたので出かけてみました
(ええ、まだ体育の日は10月10日のイメージが抜けないのですが)

FLIPでは0615 ETDになっているので急ぎます
その前に上がったのがKC-10
トラビス60AMW 70117です
IMG_9986.jpg

肝心のDC-8はカメラ不調で撃沈

その後に上がったのがKC-135
AFRC 459ARW 756ARS
IMG_0010.jpg

肝心のDC-8が撃沈したのが残念でしたが、文字通り朝飯前にKC-135,KC-10が頂けたのが収穫でした
DC-8はもう一回くらい撮れるかな
IMG_00007.jpg

F-82 Twin mustang その1

ゼロの工作が終わり、ヌリに掛るところなので、そろそろ次作にかかります
F-104?・・・・ちょっとワキに置いておきましょうwww

来年の静岡ホビーショーへウチのクラブmuseo72も参加予定なのですが、課題機が井の字になりました
機体の中で井の字があればいいとのことですが、マ、双胴機が思いつくところです。

こういうのとか
IMG_0564.jpg

P-38,P-61,C-119,C-82とかがあるのですが、F-82をやってみます

モノグラムがハセガワとコラボしていたころのを入手していました
DSC00716.jpg

で、このような古いキットの場合、誰でも最新のキットのモールドに近付けてやろう・・・と夢と野望が渦巻くと思います。また多くは半完状態で打ち捨てられてしまうことも・・・・

ええ、今回も懲りずにソレを目指します

お手本になるのはタミヤ72のP-51Dです。これね
DSC00718.jpg

対するF-82はこれ。凸モールドが時代を感じさせます
DSC00717.jpg

やってみましょうか

マッハを撮るから何マイル?

IMG_4422.jpg


luke H Ozawaさんの新しい写真集 JETLINERS IVを査収しました
JETLINERS IV

旅客機の美しい肢体、そして美しい自然を背景とした素晴らしい写真にしびれました。

その後、日本航空写真家協会主催の写真展を見てきました

JAAP写真展

プロ、アマチュアの素晴らしい作品を拝見してきました。

アマの人は風景をバックにした美しい写真が多く、日本の美しい風景とともにある飛行機を堪能してきました

また、その後JAAPの方々と飲みに行きいろいろとお話しすることができました

自分は中学生から飛行機写真をはじめたのですが、その後直後に出た、航空ジャーナル別冊”マッハを撮る”か本格的に凝りはじめました。

ええ、すぐにフィルムをプラスXにし、Y2フィルタ、晴れの日は1/500のF8で撮ってましたww
あれからほぼ30年 
フィルムからデジタル、AF等当時は考えられなかったのが全盛になりましたが、やはり写真はカメラマンの考え、思いが全てなんだなぁ・・・と思いだしました

写っているモノより写真としての撮影(ううむ、日本語かしら?)をしたくなってきました
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク