FC2ブログ

試される大地・・・・北海道(その2)

自分はスマートフォン(iphone)を使ってますが、今まで嫁様(彼女はガラケーを愛用)に携帯代が高すぎ!と怒ってました。
ええ、使うのは外出先でメールみたりSNSにアクセスするのが主で確かに便利だけどオモチャのひとつかな・・・と思ってました
今回は・・・・・iphoneがなければ帰れませんでした。ではその顛末を

千歳からの帰りは行きと同じくジェットスターの最終便を予約していました(GK112 ETD2015)
天気予報を見ると(スマホだといつでも簡単に見れますよね)北海道は大荒れになってました。
あわててジェットスターのHPを見ると早くも欠航が決定・・・・・(あとで見たらメールでも欠航のお知らせを頂いてました)
さてどうしよう・・・・・・ここでもスマホが活躍。電話だと一度にひとつの情報しか得られませんがwebだとすぐに次の情報が得られます
ジェットスターを見るとその前の便も満席。成田行きは便数がすくなくANA,JALも時間があいません。
バニラを見るとJW910 ETD 2005に空席が!さっそく予約。(バニラはシンプル、わくわく、コミコミと3ランクありますがこのときはシンプルにしました)

千歳空港に戻る電車も大雪なため定刻より遅れて到着。これはダメかもしれんね


空港でジェットスターのカウンターに問い合わせると今回は払い戻しをするとのこと
確かに約款によると欠航時はその後の便か払い戻すとあり、最終便だったので払い戻しに応じたと思います。
カウンターでの払い戻しは行わず、コールセンターでの手続きになりました
(電話確認で予約番号と予約時のメアドを確認されたけれど、アルファベットをスペルアウトするのは大変かも)

その後バニラのカウンターでチェックイン
成田から来る機体が千歳に降りられないと欠航になると念を押されました。これはダメかもしれんね


外を見るとますます雪が深くなりエプロンで30センチぐらい積もってました・・・・
DSC04640.jpg


除雪車が滑走路の除雪を行っていますが、1本の滑走路をActiveにするのが精いっぱい
バニラ便が来るのを待っていますがこれはダメかもしれんね

千歳へ降りる状況を知りたいところですが、エアバンドラジオもないしどうしよう・・・・と思ったらありました
iphoneのアプリでFlight radar24というのがあり、飛行中の機体の航跡が分ります
ADS-B搭載機のみに対応するのですが、バニラとかジェットスターの保有機はADS-B搭載機なのでちゃんと写ります

http://www.flightradar24.com

それを見ると・・・・・・・・・・
苫小牧沖で着陸待ちの機体がホールディングしており最大で4機ぐらいが輪になって飛んでます。
これらは最初に来た機体が優先権があるらしく、たとえ滑走路が使えても前にホールディングポイントで待機しているのが降りないと
降りられないようです

6周ぐらいすると諦めて元の空港に戻る機体も出てきます。
千歳に来るバニラ便も現れましたが苫小牧上空で左廻りの旋回に加わります
何周もしますが、なかなか降りられません。そのとき今までの左旋回から右旋回に切り替えて南下をはじめました。
あ、エアターン。成田に帰るみたいです。

カウンターに戻り欠航の手続きになりますが列を見ると皆さんスマホをいじってます。
また係員の方が払い戻しを希望される方は申し出るようアナウンスしていました。

バニラの約款だと払い戻しか次の日の便への振り替えになるようです。
(どちらか選択できます)

列を見ると待っている間に次の日の便は満席になるかも・・・・・ということで
列に並びながらiphoneで予約することに。ジェットスターは満席。バニラは1030の便が開いてますので即予約。
列を離れて係員に払い戻しを希望すると申し出ると、ここもコールセンターに連絡を指示されました。
バニラの場合は後日ネットでの手続きで良いようです。
DSC04642.jpg


飛行機が確保できたら宿です。
冬の千歳でロビーで泊るのはちょっと寒そう・・・ここでもiphoneで予約サイトにアクセスし無事ホテルの予約ができました。

この日は200便以上が欠航し、400人以上の方が空港で泊られたとのことでした。

次の日
雪が止みません
DSC04651.jpg

空港に行きますが吹雪になっています
DSC04661.jpg

除雪車が活躍していますが、やはりRunway一本しかactiveになっていないみたいです

Flight radar24を見るとやはりホールディングしています。
タイから来たタイ航空の777は函館にダイバート。ジェットスターは何周もしたあげく成田に帰っていきました。
(この日も結局200便以上が欠航・・)

見ているとだんだんわかってきました
雪が続いているので除雪車で除雪していますが、追いつかず1本をactiveにするのが精いっぱい
それも長く持たないみたい。
飛来するタイミングで滑走路がactiveでかつ降雪がひどくない場合に降りれるみたいです

ホールディングしている機の航跡を見るとKALの1機だけ正確にホールディングパターンが重なるように機動する機体
(KAL機)がありました。洋上のポイントだからリファレンスポイントなしでよくできるなぁ・・ブラックイーグル出身か?
と妄想。

搭乗予定のバニラの機体は三沢と苫小牧沖でのホールディングを経て無事に千歳に到着。これは本当に運がよかったですわ。

結局1030離陸予定が5時間以上遅れて離陸になりました。

吹雪に覆われる千歳空港
DSC04760.jpg


関東地方は晴天だったようできれいな夕焼け空でした。
DSC04811.jpg

今回、LCCでの欠航を経験しましたけれど、やはりANA,JALとは劣ります。(ANA,JALだと他社を含めての振り替えがありますが
LCCはありません)しかしながら欠航時の払い戻し等、最低限の対応はされており、運賃を考えれば妥当と思います。
また来ますよ。北海道様

試される大地・・・・北海道(その1)

ジェットスターさんの安いチケットが入手できたので北海道に行ってきました。
(往復で8K強でした)
今回は最後が大変でした・・・・・

前記したようにいつもの銀色ジェットです
同行した家人はもう銀色は狭くて・・・・といいいますが値段に納得です
P1010003.jpg

飛行中に写真が撮れるのでたっぷり撮りました
夜明け直前のRunway34Rから離陸です
P1010015.jpg

2時間ぐらいで千歳到着です
白い銀世界にまた来れました
P1010044.jpg

千歳到着後今回はターミナルに着けず、沖留めでバスで向かいます
隣りにスカイマークのA330が。真横のショットですが雪が入ってしまいますわ
P1010049.jpg

千歳の冬はパウダースノーが舞う離陸とかが魅力ですが、ターミナルからも舞う雪が楽しめます
次の日に大雪になるとは思いませんでしたが・・・・・・・・
P1010084.jpg

北海道ではココとか
DSC04492.jpg

次の日は長年見たかったココとか行ってきました。
いやーペンギンの散歩はいいですね!
DSC04584.jpg

そのころ悲報が自分の携帯に入ってきていたのに気が付いていなかった・・・・
続く・・・・・

New comers !

年末年始に模型屋さん等でよさげな材料をいろいろ買ってきたので紹介しますね
(今更・・・・のもあるのですが)

マスキングテープです。
左のはタミヤからも発売されている3M社のテープですが、右の青いのを買ってきました
ニチバン社から出ている製品で黄色より接着力が強いみたいです
ニチバン
DSC04476.jpg

これは塗装のマスキングではなく、スジボリ時のガイドの仮止めに使ってみました。
黄色のより接着力が強く、ブレ難くなったと思います
こんな感じです
DSC04477.jpg

こんどタミヤから発売されるそうですが、スポンジ研磨材です
コシがあって削りやすくなかなかいいです。特にインテーク内とかの研磨にいいですね
種類がいくつかあるので3種ほどそろえて使っております

スポンジ研磨材
DSC04478.jpg

最後に最近ガイアノーツから発売された瞬間クリアパテです
硬化が物凄くおそい瞬間接着剤ですが、硬化後削りやすいのが特徴だそうです
瞬間クリアパテ
DSC04479.jpg

使ってみました。
硬化材の使用がマストとされています。ガイアノーツ社はスプレーの使用を推奨していますが手元にあったタミヤの液体状のを使ってみました。
スジボリを埋めてみたのですが思ったより固い感じでした。これは最初に拭きとってからのほうがよかったのかもしれません。もう少し試してみましょう
DSC04480.jpg

ハリ線への挑戦・・・・零式観測機(その1)

あけましておめでとうございます
本年もReady roon worrierをなにとぞよろしくお願いします。

そろそろプラモのストックが限界(体積的にも倫理的にも(?!)なので消費に勤めたいですね。
あと写真の方もいろいろ行ってみたですわ。

さて昨年末より続いているChallenging for creation シリーズ
当方のストック(あと作りたいキット)に複葉機があります。ええ、ピッツS-2とかTigermossとかSwordfishとか準備しているのですがなにせ複葉機は今まで作ったことがありません。今回は複葉機の習作ということではじめました。

零式観測機の48ぐらいの大きさのキットはタミヤとハセガワから出ていますが、ストックしていたタミヤのを使います。
(年末の大掃除でもう一個でてきたのはナイショ)
これも再販がかかった時のキットでインストのタミヤの住所は恩田原になってました
再販はこの後もあり、高荷さんのハコ絵のもありました
DSC04445.jpg

前の99艦爆より後の1967年リリースですので48年前のキットです
DSC04446.jpg

リベットバリバリですがパネルラインは凹になっており、タミヤ社内でわずか3年の金型技術の進歩が伺えます
DSC04447.jpg

では本年もよろしくお願いします
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク