FC2ブログ

川崎戦闘機隊異聞(その2)

ちょっと間隔があいてしまいました。
梅雨のころいじりはじめましたが、夏の終わりに完成できました。
IMG_4962_2015083013550244f.jpg

今回は銀ヌリをちょっと試してみました。
アオシマ5式戦レザーバックはクレオスのスーパーファインシルバーを使ってみました。
明るめ(でもクレオスの8番より気持ち暗い)の銀ですが、粒子の細かさは特筆ものです。
今後の銀はこれを軸に考えていくのがいいかもしれません。
DSC06116.jpg

ファインモールドの3式戦2型はフィニッシャーズのファインシルバー。
ちょっともったりした感じになってしまいましたが、もう少し慣れが必要ですね。
飛行機よりも車(メルセデスとか・・・ドイツ車かな)が似合いそうです
DSC06122.jpg

アオシマの5式戦水滴風防は後期陸軍機色
これも難しい(もっと緑なのかな・・・・)色ですが、カーキ色っぽいイメージで塗ってみました。
戦争も押し詰まり燃料が無くて飛べなくて、また空襲が頻発するので掩堆壕からも出せない。時間ばかりあるので磨いてばかりいたので・・・・の艶有りです。
DSC06114.jpg


日の丸は手描きで、色はクレオスのハーマンレッドです。
細かい注意書き等は磨いているうちに消えてしまった・・・ということで入れていません。

キットはファインモールドの方が丸みのあるアウトラインで好みが分かれそうです。
アオシマはカッチリとした今風のモールドですが、透明部品がイマイチ(モールド、透明度ともに)

終戦70周年の今年、日本機が完成できました
DSC06123.jpg

海賊王に俺はなる!(その3)

暑い日が続きますが、なんとなく峠は過ぎたような。
でも暑い日が続きますね
IMG_8330.jpg

F4U進めています。
プラモ作るとのはあくまでも趣味であり、また少しでもうまくなりたいので新しいコトを試しています
今回は星マークの手描きをやってみます。
ええ、現代では良いデカールが多くて手描きの必要は薄れてきましたが、昔は手描き?スゴイ!の風潮がありました。

マスキングテープを切ります。
デカールをコピーしてその上にマスキングテープを張って切るのですが、そのままだとコピーした紙がテープに付いてきてしまいます。よって透明なテープを張っておくと良いです
DSC06096.jpg

あらかじめ白に塗ったところに貼ります
白がちゃんと発色するように塗り(後から塗るのはメンドクサイですから)またマスクする範囲に色を確実に載せるのに注意です
マスクを張ってからモールドになじませます
IMG_6341.jpg

上からシーブルーを吹きます。今回はガイアのをつかいました
DSC06098.jpg

マスクを外します
このくらいの漏れはタッチアップでなんとか・・・・・段差は均してからクリアを吹く予定です
DSC06099.jpg

もう少しですね

最近査収した本から(MG誌とか世界の傑作機とか)

残暑お見舞い申し上げます
毎日暑い日が続きますね。若いころは真夏でも飛行場で飛行機を待っていたのですが、もう暑くて・・・・あのころより暑くなっていますが、それ以上に自分がオサーンになった気がします。
さて撮影に代えて本を買ってきましたので紹介させていただきます

今月は模型誌を2誌買ってきました
モデルアートはトムキャット特集。
目玉はライバル誌のモデルグラフィックス/ファインモールドのF-14を紹介したことでしょう。
3巻目の発売前だったので、キットの提供があったのでしょう。かなりびっくりしました。
またVandy 1はスケールアビエーション誌と競作になりましたね。両紙とも自動車モデルがメインにされている方が作られていました。モデルアートの方がオーソドックスな撮り方だったのですが自分はこちらの方が好みですね。
各72のキットを紹介されていますが、タミヤ・・・・とあるのはイタレリと表記すべきでは・・・・?

モデルグラフィックス誌は模型部屋の特集
最初に編集の方がまえがきを書かれており、今回の特集の力の入れ方がわかりました。
今まで各紙を読んできましたが、模型部屋まで言及したのは大昔の航空ファンで為則氏が書かれていたのと、モデルアートの別冊で黒須氏が言及したくらいでしょうか?
自分は部屋の一角に机を置いている(否!置かせていただいている・・・)ので紹介されていたモデラーの模型部屋がまぶしい・・
やはり、吹き付けを主にすると換気が大事ですね。

車の雑誌でガレージの紹介されているのもあるのですが、工作部屋も男の憧れですわ。
自分も部屋が持てたら工具箱(もちスナップオン)とか換気ブースを付けたいです・・・

IMG_6301.jpg

飛行機モノでは世界の傑作機とモデルアートの別冊を査収。
世界の傑作機はF-4C/D,RF-4C,モデルアートの別冊はF/A-18(Legacy)の特集であり好みです
IMG_6303.jpg

両紙ともカラー図があるのですが、モデルアート誌は側面図でグラデーション等がない塗り絵状態。これはこれで良いのですが特にF/A-18の場合はドーザルの部分ぼ塗り分けが微妙な場合があり、上面図も欲しかったです。
マ、搭乗員名、プレーンキャプテン名もフォローされており好感をもちました。(でも変更になることが多いので要注意です)

世界の傑作機は部隊マーク等のみが別出しになっており、他の特徴的な部分(ノーズドアとか)が紹介されていないのが残念。
またF-4で特徴的なコーションデータの記載がなく、不満があります。

次回はF-4E/Gかしら・・・それともF-4J/Sかな・・・・・
IMG_6302.jpg

海賊王に俺はなる!(その2)

F4U-7ぐらいで海賊王はないだろう・・・・・と自分でも思いました。
F4U繋がりでもう一機です。
4列の空冷エンジンPW R4360ワスプメジャーを搭載するF2G-2も同時進行していました。
R4360・・・・この4列は整備屋泣かせと思います。が、アメ車にも通じる排気量が正義!な本機はいかにも米機で好きです
実物の写真を張っておきましょう。まさにCornです
DSC03822.jpg

キットはスペシャルホビーです。
このキット、主翼等はタミヤそのままに近いです。
インテークの膨れ等だけ直したみたい
DSC05835.jpg

というコトは実機みたいに、レザーバックになっている部分と機首のインテークを切ってタミヤにつなげればさらにいいかも!
こんな感じです
DSC05832.jpg

見る限り行けそう!と思いさっそく切ってみましたが・・・・・・
微妙にウインドシールドの部分が合いません。胴体だけはスペシャルホビー社のアレンジが入っていたみたいです
DSC05833.jpg

普通ならばこのままゴミ箱か我が家のデビスモンサンに入るところでしたが、そこは海賊王と言った手前、引き下がれません。
復旧しました。切り刻んだ跡がなまなましいです・・・・・
IMG_6296_20150805220142b80.jpg

この機体もノーズが短い感じがしたので切り飛ばしました。
補強も入れています。
IMG_6297.jpg

なんとかなりそうです・・・・・
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク