FC2ブログ

メッサーシュミットBf109E &K(その1)

静岡から帰ってきて48のH-60とかF-14を触ってましたが、なぜかノラなくてまたサクっと組んで色を塗りたい・・・ということで方向転換。Bf109をはじめました

まずはE型
そのものズバリのE型ではなく戦後のスペイン製のが出てくるのですが、映画空軍大戦略に出てきました
小学生のころ見た時は模型屋にかけ込んでレベル72のを手にしたのがはじまりでした。
2012030802.jpg

その後、ニチモ48(モノグラムは高値の華でした)とタミヤ50の飛燕を比べて同じくらいのエンジンなのになんで主翼の長さが違うのだろうとか思ったり・・・・
当時最強のE型はハセガワ32でした。その後ハセガワ48で出たときは嬉しかったなぁ・・・すぐ作り始めたけれど完成したのが20年後だったわ・・・・・
72はその後ハセガワ、タミヤと出ましたが今回は話題の最新作であるエアフィックスでいきます。
最初のころ(Sea Harrierとかよりスジ掘りがよくなりました)
DSC08305.jpg

対する最後期のK型
大昔は膨れたナセルだけでK型?と言われたようですが、日本に紹介されたのは1975年10月号のモデルアート誌でしょうか
ma7510103.jpg

オオタキ48を改造してあり、エルラハウベと膨れたナセルに惚れた僕達はより入手しやすかったレベル32からの改造を試みて玉砕していきました。この時パテを盛り過ぎてはプラが溶けるとかひび割れするとか学びました。

その後ヒッチコックさんのo-nine galleryとか立ち読みしましたが、プラモでは48でレベルが出したのが衝撃でした。
エアフィックス48のF型から作る方が良いとか・・・・良く話のネタになりました。

その後、エレール等からもでましたが72ではファインモールドのが最新でしょうか?
今回はこれでいきます
DSC08307.jpg

2機ですが早めに組んでヌリを早くやりたいです・・・・

続きます

RX100補完計画

我が家の主力コンデジとして活躍しているSONY RX100。性能に不満があるわけではないのですが最新のコンデジと比べると装備が・・・・というコトで補完してみることに

まずフードが付かないこと。
特にガラス越しに撮る時に必要です。今まではこのようにしていましたが、どうしても忘れることが多くて・・・・かさばるのです
IMG_0128.jpg

ウエブを見るとフィルタアダプタが市販されているので付けてみました
sony フィルタアダプタ
アダプタを両面テープ(webでの評価ではココが弱いとされてますが、脱脂して付けてから2日ぐらい放置するとちゃんと付くみたい)つけます
P1010002.jpg

これにアダプタを付けます
アダプタはコレ
P1010004.jpg

フィルタ径は39mmになりますのでそれにあったのを選びます。
今回はゴム製のにします
エツミ フード
付けるとこんな感じです
P1010008.jpg

バック等に仕舞う時はアダプタごと外します。
使った感じは・・・・最大広角だとスミがけられますので要注意です

次は最近のカメラについているwifi

メモリについているwifi Flash airを買いました
flash air 東芝
P1010001_201606181819291f0.jpg

このflash airは撮ったのを全てihoneにダウンロードするのではなく、選んだ写真を送るというのに向いてます。
使い方は簡単であらかじめiphone,等にアプリをダウンロードします。
アプリを開いて(それまでに接続等がありますが)写真をチョイスします
IMG_1181.jpg

ダウンロードする写真を選んで実行します
(ここでは保存を選択)
IMG_1186.jpg

そうすると写真がiphoneにダウンロードされます

SNS等にアプロードするのには便利になりますね

PS
最後の写真に写っているのは次回作です・・・次回に紹介させていただきますね!

ピント調整やってみました

入梅しましたね。
これから7月まで雨の季節・・・・なのですが今日はもう梅雨の中休みみたいです。ええ暑いですわ。

先日羽田に行った時に気が付いたのですが、なにかピントが甘い感じが・・・・
全体はコレ
IMG_9460.jpg

ドアのアップがコレ
one worldの文字がビシっときません(等倍切りだし、シャープなし)
カメラはEOS7D レンズはEF100-400(旧型です)
IMG_91460.jpg

キャノンのAFの精度はイマイチということで調整法が載っておりましたが、今回試してみました
参考になったサイトはここ
カメラ小僧の憂鬱さんのところは飛行機写真も撮られており参考にさせていただいております
カメラ小僧の憂鬱

具体的なところはココ
Gigazine
Studio9

今回はStudio 9さんのところで配布されたチャートを印刷して作ってみました
手元にあったハレパネに貼っています
IMG_1174.jpg
コツはチャート状の板は床に垂直に立てること。メジャーとの交点は正確にチャートの部分と合致させることでしょうか
スケールの0点がチャートの矢印に合うように
IMG_1175.jpg

注意点はサイトに書かれているとおりですが、ワンショットAFにする、絞りを最小(一番開いた状態にする)のを忘れないように
結果です。0点は被写界深度に入ってますがちょっとピント位置が遠いですね
IMG_9528.jpg

調整してみました。真ん中にしてみました。
IMG_9530.jpg

やってみて思ったのですが、最大望遠状態で無限大位置でのピント調整するのはもっとチャートが大きくなければならないかもしれない・・・・
今回は真ん中のAFポイントを使ったのですが、やりかた次第では他のAFポイントでの精度を確かめたり、片ボケの確認もできそうですね。
あとは実射で確かめることが大切ですね。

一脚導入

一脚は以前から存在はしっており友人でも使っている方もいて以前から気になっておりました。
特に博物館とか暗いところだと欲しかったのですが、なかなか機会がなくて購入していませんでした。
今回アマゾンを見ていたら(ええ、お酒飲みながらは危険です。はい)安かったので買ってしまいました。
K & Fコンセプトの製品です
IMG_1172.jpg

一脚

一脚だけだとホールドに問題がありなので自由雲台も購入
雲台

今回、試射ということで羽田空港に行ってきました
うん オリンピックモードですねぇ
IMG_1153.jpg

セッティングはこのような感じです。
レンズの三脚架台に取りつけました。またいちいち取り付けるのが面倒でクイックシューで取り付け。
ハクバのクイックシューは30年使ってますがガタ等もなくいいです。
IMG_1152.jpg

で使用した感想。
IMG_1150.jpg

自分が座ったり、立ったりするときに使うので一脚自体の高さの調整は素早く出来た方が良いです。
その点この1脚はレバーアクションなので楽にできます。
自由雲台はフリクションを調整して使えば快適です。この雲台は今のところ良いですが、あとは耐久性でしょうか。
使って写真を撮ると今までより安定して撮れて良いです。今回は昼間ですが夜間とかだと手ぶれが抑制されると思います
特にコロガリにはお勧めですが、飛んでいるのには・・・・
IMG_9475.jpg

今回買った一脚は畳んだ(一番縮めた状態)が50センチくらいあり、バックにいれづらいのは誤算でした・・・・
あとちょっと重いです・・・・旅行では考えてしまいますね

プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク