FC2ブログ

Eagle has landed ! アポロ計画(その7)Wing over houston 4 ベルリンの黒騎士

HustonのWarbirdのフライトは大戦中のハイライトに分けて行います
(ヨーロッパ戦線とか太平洋戦線とか・・・・)あと特定の組織をフューチャーするとか(海軍航空とか)

現用機を含めると10時ごろから4時ごろまでずっとなにかが飛んでいる状態です
(飛ぶ機体も全部で・・・・・100機ぐらいか)
DSC08922.jpg

まずはオープニング
B-25をアタマに連合国側(Allied forcesというヤツね)機でフライパスします
IMG_3372.jpg

現用機もそうですが、パイロットのヤル気というか度胸というか・・・・(英語で言うと・・・Gutsかしら)
で、かなり展示飛行の見栄えが違います

今回ダントツで凄かったスピットファイア
低いです・・・・・
IMG_3380.jpg

アメリカでは人気が高いB-17 整備でも4発なので大変だと思うがフライアブルの状態で維持しているのに頭が下がります
IMG_4944.jpg

B-25も人気が高いです。やはり新型爆撃機の名前になるようにドーリットル爆撃隊は窮地からの反撃開始!で人気があるようです
IMG_4957.jpg

F7Fは自分のお気に入り。
もっとグリグリ機動すると思ってましたが、加速を活かしたパワフルな飛行でした。
IMG_3927_201611270810494cf.jpg

IMG_3948_2016112708105268c.jpg

F4Uは降りてからも一演技。ちゃんと折りたたみができました。
IMG_3517.jpg

今回一番衝撃だったMe262
レプリカがあること、それが飛ぶことは知っていても実際に飛ぶ姿は衝撃的でした。
当時のエンジンではないですが、レシプロ機と次元が違う速度は当時のB-17連から恐怖にしか見えないのをちょっとだけ実感できました。
IMG_3682.jpg

この場面・・・・やはりベルリンの黒騎士を思い出してしまう
IMG_4904_20161127081107667.jpg

黒煙をバックにするSBD・・・・これは太平洋の戦いですね。次に続けます
IMG_5018.jpg

Eagle has landed ! アポロ計画(その6)Wing over houston 4 Warbirds!

正直これほどWarbirdが出てくると思わなかったのですが・・・・

ここのWarbirdは大体飛ぶのですが、スタティックな状態を紹介します。
ここロープがないので思い切り近づけるのが良です。
ここまで近づける(下にも潜れる)のはちょっとないかも

米国では絶大な人気を誇るB-17
今回は2機参加しました。まずは飛んでくれたTexas Raider
IMG_4270_20161120165604456.jpg
こっちはスミソニアンの壁画にもなっているThunderbird
B-17は思ったより小さくこれの撃墜が困難だったとはちょっと思えないほど
ボンベイもP-3を見なれた目からすると小さい。
IMG_4175.jpg

生きている証
オイルが滲んでおり(垂れるほどじゃない)稼働している機体ですね
IMG_4276_20161120165606633.jpg

世界的に旧ドイツ空軍のは人気があるみたいで、今回のHoustonでも我が零戦レプリカより断然人気があったMe262
IMG_3201.jpg

胴体断面がきれいに三角形です。
DSC08990.jpg

F4Uの折りたたみ部
昔ハセガワ72を2個使って折りたたみを試して挫折したのですが、今ならできるかも・・・
このロッドはエルロンだったのか・・・
IMG_3220.jpg

主翼インテークのフィンも角度が違うのね・・・・
IMG_3222.jpg

エレベータのリブテープはこういう感じです
マ、この辺はリペアされていてオリジナルとは違うかもしれませんが
DSC09020.jpg

P-51の排気
たった一日飛んだだけなのにピカピカなアルミ地に排気の流れがつきます。
現代の高品質な燃料、オイルでここまで着くので大戦中の粗悪な環境だともっとドロドロなんだろうな
DSC09034.jpg

T-6改のゼロ
マーキングは?ですが、この明灰色は自分のイメージにぴったりだわ・・・・
DSC08891.jpg

Eagle has landed ! アポロ計画(その5)Wing over houston 3ミリタリーというか・・・・

軍以外の官行庁の機体・・・というかWarbird未満の機体も展示されていました

今回、予定にはWB-57も入っていたのにまさかのキャンセル(というか低調だった)NASAの展示
でもそこは腐ってもタイ。宇宙飛行士が訓練に使われるT-38が展示され、かなり感激しました
NASAのロゴが光ってます
IMG_3270.jpg

くびれがあるって、こういうことか(By 立花 瀧)
IMG_3271.jpg

コクピットはキャノピ―内にアンテナ線があり、大昔の戦競でのF-1とか思い出してしまう・・・・
当然ながらガンサイトはないのね
IMG_3273.jpg

Coast guardからです
HH-65は日本ではCoast guardのフネが来るときぐらいしか見るチャンスがないです
これがノーマル
IMG_3184.jpg

全面オレンジ。昔はArctic colorと言って極地での発見率を高めるためと言われていたのですが、Houstonにもいました
IMG_3228.jpg

この黄色のS-70(というかH-60)はなに?とクルーに聞いたところ、アメリカ沿岸警備隊航空100周年記念のレトローカラーだそうです。USCGのH-60は初めてみたわ。テールパイロンがたためないのは初めて知りました。
IMG_3185.jpg

元軍用機で。
MiG-21の複座です(モンゴルね)近くでみることができましたがそれほど粗い作りじゃないです
IMG_3189.jpg

一番の衝撃
H-46でフライアブルなのがある!
MCAS Cerry pointで最後まで残ったHH-46E (CH-46Eを救難仕様にしたもの)が払い下げられて飛ばしている方がいました
DSC08915.jpg

懐かしい・・・末永く飛ぶことができますように
DSC09097.jpg

Eagle has landed ! アポロ計画(その4)Wing over houston 2 Static

Houstonに行く前から仕事が忙しかったのですが、帰ってきてから更に・・・・・ええ、遊んでいた以上に仕事が・・・
ああ・・・・・Houstonに帰りたい・・・・

今回から展示機とかフライトを紹介させていただきます
今回はミリタリー

予備役部隊がメインでしたが、日本人から見ると好都合!いつも来る部隊ではないですから

B-52はとなりの州、ルイジアナ州バークスデールから
IMG_3170_20161113200142893.jpg

11BS隊長機ですがトラディショナルにシリアル下2桁を合わせてます
IMG_3171.jpg

C-17はライトパターソンから。
日の出直後の光は真横に近いのですが、ちょっと黄色だわ
IMG_3174.jpg

IMG_3176.jpg

F-16はオクラホマANG。はじめてみたわ
IMG_3277_20161113200201247.jpg

海軍はVAQ-209 。日本に来てましたね
CAG(というのかなこの場合でも)が来なかったのですが・・・・・案外人気ないわ。人が廻りにいません。両面いけました
IMG_4182.jpg

IMG_3160.jpg

さすがにF-35は予備役じゃないです。でも教育部隊なので、まず日本には来ないですね。ルークからです
IMG_3159.jpg

続きます

Eagle has landed ! アポロ計画(その3)Wing over houston 1

今回、このWing over Houston airshowが目的で行きました
エアショーは大概以下に分けられると思います
トレードショー 日本で言うとJA2016とか商売が主になっているショー パリサロンとかファーンボローが有名ですね
基地祭 日本で一番ポピュラー。ミリタリーの基地で公開するもの(通常は無料ですね)
地域主催のエアショー 日本では数少ないですが丘珠の航空ページェントでしょうか。

今回のヒューストンは地域主催のエアショーでミリタリーは少なめ、民間機がメインですがそこはアメリカ
Warbirdが多量に参加します。
ミリタリー(それもジェットのみとか)の方にはお勧めできませんが、飛んでいるのはなんでもイケる口にはお勧めです

ヒューストンからは大体一時間くらい(車で)ですが今回はHobby空港近辺に泊ったので30分くらいで着きました

このエアショーは入場券が必要なのですが、その他にPhoto pitというカメラマン向けの券が売っていました。
これは・・・・お勧めです(値段が一日75ドルというのがキツイのですが・・・その価値はあると思います)

まず、駐車場も専用のが用意されています(行きの国道から専用レーンだし・・・)
WOH_Photo_Pass_2016.jpg

会場の配置図とPhotopitの位置はこんな感じ
見たとおり、午前中は逆光ですね
WOH_Photo_Pass_20116.jpg

駐車場から入口までの道。
何気にNASAの建物が・・・・この奥にNASAのガルフがいました
DSC08883.jpg


Photo pitの中に入る時に券(プリントアウトしたものを用意しておきましょう)を見せるとテープを巻いてくれます
おお、組みひもみたい・・・・・まだ君の名はを引っ張ってますね
DSC08921.jpg

Photopitの中はこんな感じ
DSC08931.jpg

RIATとか他でも有料席はありますが・・・
下側の列でも立つことが許されるのは初めてだわ
DSC09046.jpg

で、飛行機は目の前をコロがります
DSC09077.jpg

またお弁当(向こうではランチボックスといいます)が付きます
これね
DSC08924.jpg

中身はこんな感じ
ポテチがつくのはお約束ね
緑の袋の中はリンゴです
DSC08925.jpg

75ドルは・・・・と思いますが、最前列キープも出来るしなkなかお勧めだと思います。

Eagle has landed ! アポロ計画(その2)ジョンソンスペースセンター

子供のころからヒューストンという地名は知っていました。
そうアポロ計画で”こちらヒューストン”というとはインパクトがありました。
あれからン十年ヒューストンに到着できました。

なんとなく、ヒューストンは砂漠の中にある都市だと思ってました。(砂漠と石油掘削のイメージ)
しかしながら実際は緑が多い町でした。(あとテンガロンハットの方がいない・・・・)

車で1時間ぐらい運転するとジョンソンセペースセンターに着きます
(この間、久しぶりの左ハンドル車で緊張すること!)

平日なのにエライ混んでいます
DSC08835.jpg

外の展示品でインパクトがあるのが747にシャトルが載ったもの。
シャトルのフェリー時に積んでいたそうです
DSC08872.jpg


このジョンソンスペースセンターの見学はトラムツアーがメインでしょう。
(あとLevel 9 tourと言って一日かけて廻るのもありますが・・・・)
えらく並びますが(昼からだと特に)価値はあります
2ルートありますが、自分は宇宙飛行士の訓練施設の方をみました
(時間があれば両方とも見るべき)

出発するとすぐにこういうのが現れますが、ここは最後に見学になります
DSC08837.jpg

このロゴだけでもごはんが進みそう
DSC08839.jpg

教育施設です
スペースシャトルから現在開発中(オライオンとかドラゴン)のまでモックアップ等が揃っています
DSC08840.jpg

これはオライオンですね
DSC08846.jpg

中の工具ですが・・・・
天下のNASAのツールボックスがクラフトマンとは知らなかった・・・・
DSC08849.jpg

その後最初にみたサターンロケットを見ます
殆ど航空機構造の巨大なロケットを使い捨てにしていたあのころのアメリカの力を思い知ります
(そのころ、ベトナムで戦争もしていたし・・・・・凄いなぁ)
DSC08859.jpg

圧倒されて宿に帰りました
すばらしい夕焼けです。
明日も張れるかな
DSC08881.jpg
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク