FC2ブログ

Griffin doll ! (heinkel He177) その1

まだ寒い日が続きますが日は長くなってきており、確実に春が近くなってきてますね
ええ、あとひと月もすれば若葉が・・・・
DSC09505.jpg

さて静岡の道
今年のウチのクラブのお題がドイツ機になっており、こういう時しか大型機に目がいきませんので・・・・
(昨今の大型機ブームで72の4発機が大物というのはちょっと抵抗ありですが)

ドイツ機で大きいのと言うと昔ならBv222とかがあり、現代だとA330とかC160とかありますが(ドイツ空軍でいままで運用した最大の機体はA340になるのかな)イイ線でHe177にします

キットはエアフィックスかレベルになりますが今回はレベル(エアはもう一生作らないかも・・・)
DSC09551.jpg

現代的なモールドです
DSC09553.jpg

後部胴体が細い・・・こんなもんじゃないかな
DSC09552.jpg

細部が素晴らしい
ノーズの窓ごしに良く見えそうです
DSC09554.jpg

先日、夜中にプラモを弄っていたらクレオスの薄め液をこぼしてしまい、そのニオイが家中に充満して家人が起きてしまうという事件が勃発。
宅内プラモ禁止のフチまで立たされましたがなんとかクリア。が、過ちは繰り返しません。やすらかに眠っていただくことになったので次がない・・・・
細部のヌリをアクリルにして少しでも負担の軽減を図ることにしました。
久しぶりに使ってみましたが(独身の時、寮でちょっと使ったの。ああ、30年近く前だわ)隠ぺい力が強くてなかなかですね。
今回はソレで行ってみます

横浜モデラーズ合同展示会行ってきました

横浜モデラーズ合同展示会に行ってきました。
今回は天気予報では朝方に雪との予報でしたが、いい方向に外れ快晴でした

この辺を通るとき、いつも40年前は海だったのに・・と思ってしまう
DSC09507.jpg

会場はワールドポーターズでした。ええ、お洒落です。
会場はこんな感じです
DSC09547.jpg

例のとおり気に入った作品を紹介させてください
(作者のご名前はモザイク入れさせていただいております。)
48ファントムであります
写真だとイマイチ分かり辛いのですが、実物を並べられるとどうしても比較してしまいますねぇ・・・・
胴体後部(海軍機ならNAVYの字のあたり)の作りはハセガワが一番いい感じがします。
造形村の膨らんでいる・・・は論外としてアカデミーは垂れている感じで案外ダメな感じがします。
DSC09516.jpg

造形村
DSC09510.jpg
ハセガワ
DSC09511.jpg
アカデミー
DSC09512.jpg

先週横須賀でフネを見てきた所為か今回は艦艇に目が行ってしまいました
72のUボート
冬の庭園(後部機銃座)の感じがいいです。
DSC09517.jpg

R工廠さんの新作龍驤
工作の完璧さと精密感が素晴らしいです
DSC09520.jpg

POWとHood
Hoodはピットロード製だそうです。エッチングの使用が効果的かつ工作がいいですね
DSC09539.jpg

やはり艦艇はこの精密感がいいなぁ。憧れます
DSC09541.jpg

アオシマのペトリオット
細部にも手を加えられています。クレーチングの部分はスミイレで処理されてますが、いい感じでエッチングに・・・と迷うだけで完成していない自分が恥ずかしいかぎり
DSC09532.jpg

ボックスアートの構図で。
こういう感じで完成させればいいのか、、、、と言うのは簡単だ!
DSC09533.jpg

限定の戦車が載ったのも完成されており、しかも大震災で派遣されたドーザー付き。
牽引車もペトリオットの空自仕様と変えております。うまいなぁ
DSC09534.jpg

飛行機に戻ってプロの長谷川さんのMe262
32の262B・・・・トランペッターから出ていたかしらと思ったら大古のレベル製。
艶消しの感じ(しかもシルバリング皆無)はやはりうまいなぁ
DSC09544.jpg

T-33の感じがとても好みです。個人的には飛行機は綺麗でいてほしいのです
ええ、こういうモデリングしていきたいものです。
DSC09548.jpg

ああ、落ち着いたらおなかが減ってきた。
今日は大ふく屋さんでつけ麺です
大ふく屋さんは秋葉原の野郎ラーメン系なのですが、今回はつけ麺です。
なかなかでした
IMG_1458.jpg

さてエライ刺激されましたので家に帰ってプラモ作らなければ!

I came from ヨコスカ

横須賀・・・自分は10歳から22歳まであの街で育ちました
一番多感なあの頃・・・(遠い目)
いつも潮の香がしますが、港はちょっと油臭くて、街角を曲がれば水兵さんが闊歩し、サテンには某大生がウヨウヨ・・・
今でも故郷はと聞かれたら迷わず横須賀と答えます。

今回、ちょっと出かけてきました

行く方法は電車だとJRか京急線。
地元民は京急が多いのではないでしょうか。
米軍もミドウエイとかDESRON15とか地元勢はもち京急でしたね
IMG_1450_2017021213474148e.jpg

赤い電車に白い帯、京急です
相変わらず飛ばしますねー
大昔に初めて横須賀に来た米海軍アビエーターにこの乗り物にはなぜシートベルトが無いのか?と
聞かれたことがありましたよ・・

横須賀に来た第2の目的(第1はあとで出てきます)として軍港めぐりに乗ってきました
横須賀軍港めぐり
昔はもちろんなかったのです。
(というか子供のころはそこは造船所の跡でしたね)

乗り場です。EMクラブ(懐かしい・・)をイメージされたそうで
(EMクラブ:昔は海軍の下士官兵集会所でしたが、戦後は米軍のクラブになってました。コネで入るとええ、そこはアメリカだわ)
DSC09382.jpg

切符を買ってからフネが来るのを待ちます
DSC09490_2017021214360100d.jpg

バックに見えるマンションなんて昔はなかった。この辺は狭い坂道(車どころかバイクも通れないほど)を登った小さな家が主だったのに
ここにいるフネかと思っていたら・・・・
DSC09384.jpg

フネが帰ってきました。これに乗ります
大体45分で本港、長浦湊を廻ってきます。
P1010004_20170212134743cd6.jpg

見れた艦船を少し紹介しますね

海上自衛隊の潜水艦
X尾翼(というのかな)が見えるので最新のそうりゅう型でしょうか
DSC09400.jpg

米巡洋艦Sailoh CG-67
DSC09414.jpg


空母ロナルド レーガン
まだ工事が続いているようで出港はまだかな
DSC09420.jpg

英補助海軍 補給艦TIDESPRING
韓国で建造され本国に帰る途中みたいです
英艦が見られるのはレアだそうで
P1010027.jpg

海上自衛隊のきりしまと てるづき
この日は建国記念の日なので満艦飾をしていますね
DSC09481.jpg

今回、初めて軍港めぐりに乗ったのでちょっとTipsを
・2月という真冬なのでお客さんは少ないと思っていたのですが、案外いっぱいでした(たぶん満席)
・ネットで予約可能になってますが、案外予約可能席は少ないので満席になるケースが多いみたい
 ネットで予約満席だから乗れない訳でもなく、当日分もありますのでそういう時は慌てずに当日電話して予約を。
・フネの中の座る席までは予約できないので早いもの勝ちです。よって30分くらい前には並んでいた方がいいかも
・フネのルートは出ていますが基本的には反時計廻りに航行します。よって右側の方が撮れると思う。
 時間に余裕がある方は2回乗って左右座ったらいかがでしょう?
・フネは結構大きいし、かなり近づいてくれますので、よほどのアップとか空母上の艦載機を狙わない限り大望遠は不要
 標準ズームでいいと思います。
・フネの中で立ち上がっても問題ないですが三脚等は未確認です
・冬はとにかく寒いです。十分な防寒対策をお勧めします
・物を落として海ポチャしないように気を付けましょう
・乗船中フネの方が案内されますが、これが濃い。また濃いだけではなく普通の方にも分かるように解説され素晴らしいです。

フネを降りてから・・・・
もちろン、漢は港に上がったら酒だぜ!
今回一番の目的だった居酒屋信濃に向かいます
DSC09494.jpg

中は空母信濃(横須賀で建造されました)をモチーフにしてますが、濃ゆい空間です
DSC09496.jpg

そうか横須賀ははいふりが押しか・・・
DSC09495.jpg

軍艦メンチです。味も素晴らしいですが、お皿が・・・空母してます
IMG_1451.jpg

ここは1530からやっているので、軍港めぐりが終わったらすぐ来れます。
結構飲んでもまだ7時ごろ、2次会に突入します。
さらに、西太平洋地区の平和と安定のための意見交換がなされたが、残念ながら内容を一切公表できないw

飲んだ後市内で見たお店
スゴイなぁ。艦コレで店まで構えたか。
IMG_1452.jpg

自分が居たころの横須賀とかなり変わってしまったようですが(西友がないとか、ドブ板があんなにこじゃれたとか)元気な街でしたね
また来ますね

最近査収した本から

寒いですね。
でも日が少しずつ長くなってきて、また梅も咲いてきたので春遠からずというところでしょうか?(その前の花粉はねー)

さてタイフーンはサフの後の筋堀やり直しとかで手間食ってます(ええ、やはり浅いわ、あれは)

今日は最近査収した本を紹介させていただきます
ええ、寒い日はアームチェアフォトグラファー(コタツでお茶でもいいね)ですわ

DSC09375.jpg

戦うコンピュータ(V)3は前作の改訂版。新しい話題を的確にフォローしています
内容は米陸海空三軍のネットワーク等現代の戦闘にどのようにコンピュータがかかわるかのお話です。
作者の方は元MSに勤務され、またご自身も写真撮ったりする方なので教科書的な固い話ばかりだけでなく、ユーザーレベルの話もあり(コネクターの形状が違うとかなにか自宅のPCみたい)

ちょっと厚いですが、現代の航空戦を理解するには良いと思います。オヌヌメ!

最新の世界の傑作機はシービクセン
自分はFAAの機体はシーファイア以降、ファントムとバッカニアまでは空白でどうも興味が持てなかったのです。
(スイフトとかダメなんです)で、正直、その前に出す本はあるやろ、なんでコレかなぁ・・・はあるのですが(新版でもキャンベラ、ジャギュア、トーネード等山ほどあるやん・・・)、買ってきて見ると不思議・・・なかなかシービクセンもいいなぁと思ってしまいました。(これが暗黒面というか英国面の力なのか・・・・)
今回は細部写真もありちょっとモデラー寄りになった感じがします。これからも持続してほしいですわ

最後は吉原昌弘氏のミリタリー雑具箱2
今回はフネよりで米大戦中の艦隊型潜水艦とドイツ水上大型艦艇がメイン
イラストが多くよく解説されております
本書で書かれてますがこれでもの足りない方はより濃い資料と・・・ありまました。が、自分はまったく未知な面だったので満足しました。(これが薄いという方は日本でどのくらいいるのかな)
米海軍の制服も特集されていますが、これはぜひ戦後~現代まで続けて欲しいです。歩兵とかの特集はあるのですが艦上勤務者の制服特集はそれほどみないし、流行廃れもあるので(昔は飛行隊毎に飛行服をあつらえており70年代は足首が幅広になったのも・・・)



プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク