FC2ブログ

夏はやっぱり海でしょ(二式水戦)(その1)

静岡から帰還してから仕事が忙しかったのですが、プラモは心の日曜日。別腹です。
さて自分が住み街では5月~6月と天気が良い日が続きました。→夏じゃのう→夏はやはり海だよね→海軍機か→一番海に近いのは水上機→さわやか系で作りたいのぅ
というコトで二式水戦を始めることにしました。

1/72二式水戦のキットは大昔のジョーハン、LSのキットがありましたが、最近ではハセガワでしょうか。
(でも最近といっても前世紀だわ)72のゼロがタミヤ、ファインモールドからリリースされましたが二式水戦まで届かなかったのが残念でした。

今回はハセガワのを使用します。また自分では珍しくキャノピーオープン状態でやってみます。(この話はオイオイね)
キャノピークローズでは所詮72の大戦機、それほど手を加えても見えないのですが、オープンとなればある程度手を加えるなければと思ったのが運のツキだったみたいです。
ええ、タミヤのと比較してしまいました。
全体にタミヤを見なければハセガワでも十分なのですが、21世紀にタミヤがリリースしたのと比較するとあまりにも分が悪い。
タミヤは胴体側面までモールドがありいい感じです
DSC00006.jpg

床の比較(左がタミヤ、右がハセガワ)
キャノピークローズならハセガワでも問題はないのですが、見てしまうとね・・・
ということで、小物はタミヤから流用することにしました。
DSC00008.jpg

機首上面、ウインドシールド部を比較
タミヤの方が照準器近辺がいいモールドになていますが、胴体銃ガス抜き部の形状(というか分割)があいません
DSC00007.jpg

後ろの部分だけタミヤと挿げ替えてみました
右がハセガワオリジナル。左が挿げ替え済み
結構バチピタであいます
DSC00044.jpg

エンジンカウル比較(左がタミヤ、右がハセガワ)
直径もぴったり合うのでモールドがいいタミヤのを使います
胴体銃の軸線もあいます
DSC00046.jpg

あ、いいキットなのでつい・・・動翼をちょっと動いた状態にもしたいなぁと思ったら切り飛ばしてしまいました
DSC00027.jpg

続きますよ

Hを極めたい・・・

オナノコが言う”Hね!”というHはヘンタイの意味でポピュラーにしたのは大橋巨泉氏と伺ったことがあります。
ええ、プラモにこんなモノを組み込みのもある種ヘンタイかもしれない・・・

さてHングパーツ・・・いやエッチングパーツですね。
インジェクションパーツより精密なパーツができるということで、使用されています
現代では特に艦船モデルで使用されることが多い(それだけ効果的)ですね。
手摺とか現用艦のマストはこれなくしてできないと言っても過言ではないと思います
またAFVではOVMの取り付け具、ライトガード、シェルツエンの利用が効果的だと思います。

飛行機モデルの場合
コクピットの計器盤、脚収納部等に有効だと思うのですが、それにはレジン製のディティールアップパーツが主流になってしまい
他のジャンルと比べてイマイチ普及しなかった感じが自分ではします。

が・・・・
以前に中断していた1/72のペトリオット発射機。
中断していた大きな理由にグレーチングの処理をどうしようか?がありました。
プラの部品にスミ入れするだけで済ますか・・それとも汎用のエッシングを使うか
そもそも汎用のエッシングで合うのがないわぁ・・・中断。

最近、ネットを見ていたらこのキット用のエッシングを組み込んだのを発見してしまいました。
これやぁ!

韓国テトラモデル社製なのですが、なかなか興味深いラインナップなので気になるのを買ってみました
(現用車両と艦船がメインみたいですね)
入手性ですが自分は楽天とアマゾンで検索して買いました。
テトラモデル
ええ、ついでなのでいろいろと買ってみました
DSC00047.jpg


1/72アオシマ ペトリオットPAC3のパーツです
十分精密なのですが、グレーシング部が貫通してないのでどうしようかな
DSC00074.jpg

DSC00072.jpg

テトラ社のエッチングパーツです。

できればこういう感じね
DSC00051.jpg

左下部が置き換えるエッチング製のグレーチングです
うまくできればかなり精密度が上がるかと
DSC00050.jpg

73式大型トレーラーのもありました。
トレーラーヘッドの部品まであり、バックミラー、ワイパーもエッチングのパーツがあります。
ええ、これもどうしようかと思ってました
DSC00058.jpg

実車と比べてもなかなかいい感じかと
DSC09906.jpg

漢の大陸間弾道ミサイルか・・・と思わず買ってしまったトーポリ
DSC00059.jpg

これにもエッチングが出ていたので・・・・
DSC00053.jpg

さ、これで作れない言い訳は無くなったわけで・・・・

あと仕事がもう少しヒマになれば・・・w

2017静岡ホビーショー本物とか(その3)

静岡ホビーショーは模型ガメインですが、本物も展示されます。

毎度展示して戴いている陸上自衛隊は新型の機動戦闘車を投入
DSC09799.jpg

上から眺めるのはなかなかない機会なので
魅力的だったので、ついアオシマのブースでプラモ買ってしまいました。
DSC09905.jpg

その機動戦闘車を運んできたトレーラー
これも魅力的ですねぇ。つい撮り過ぎてしまいました
DSC09909.jpg

タミヤさんが持ってこられたTyrell。この時代だと”タイレル”と呼んでしまいます。あのころティレルとか呼ばなかった。
DSC09773.jpg

モデル化されているシュタイヤ。案外大きいのに驚きました
DSC09751.jpg

さて・・・・・
沢山の模型を見て本物を見ているとお腹もすいてきます。

今年も有志で”さわやか遠征航空団”が結成。会場のツインメッセから新静岡駅にタクシー2台で乗り込みます
(来年は3台か!)
IMG_1668.jpg

ネットで見たのですが、まずソースをかけず、塩コショウでいただいてみました
ウマイ!難点は大盛がないことかしら。
これは秘儀2人前注文をするしかないか
IMG_1670.jpg

夜は毎度ながら静岡模型組合からの驕りの立食パーティ
ありがとうございました
IMG_1674.jpg

その後はやはり飲み会に突入
静岡割りはガンガン飲んだのですが、アレは二日酔いになりませんねぇ
IMG_1675.jpg

次の日はもり竹さんでそば&ミニ丼
そばは今が旬の桜エビ
IMG_1678.jpg

丼なのですが・・・・これがミニとは思えないほど大盛。
おいしかったです
IMG_1679_20170610113655109.jpg

久しぶりに会う友人、交わす会話のほとんどが模型のこと、本当に楽しかった2日も夢のように終わってしまう。
帰りのクルマでは気に入った作品の話、来年に持ってきたいプラモの話・・・
なにより今年来れたことに感謝と来年も来れるように努力しようと思いましたわ・・・
ええ、絶対来年も行くぜ!
DSC00004.jpg

2017静岡ホビーショー(クラブ展示)(その2)

静岡ホビーショーの最大の魅力は世界1の規模を誇る合同クラブ展でしょう
正直、2日では足りないほど多くのプラモ(それも素晴らしいのが!)が結集します

自分が末席を汚させていただいているクラブ”museo72"”も参加させていただきました。
今回のお題はドイツ機でした。(写真はDSP(大先輩のコトです)のです)
12119064_2254272471_191large.jpg

順不同ですが、気に入ったのを紹介させていただきます

昨年も拝見させていただいた廃墟の建物
非常に繊細で見ごたえがありました。
DSC09977.jpg

ルパン三世カリオストロの城で出ていたミートボールスパゲッティ
ええ、実は自分の得意料理なのですが、それが模型化されてます
DSC09866.jpg

今回一番シビれた作品
マクロスなのですが、このビルが全部自作なんです。
あと街を走る車までも。
レーザーでの加工だそうで、今回レーザー加工、三次元プリンタを使用されたモデリングが目立ちました
DSC09859.jpg

天空の城ラピュタの追跡シーンですね。
アニメの一部を切り取ったダイオラマはひかれますね
DSC09780.jpg

こういうビネットは自分もやりたくてついつい写真も多くなりますね
あとこういう場面だと自転車も手を加えてやると引き締まっていいです
DSC09739.jpg

フネの精密化はスゴイです。ええ、見ごたえがあります
この作品だとアンテナ線の碍子がいいアクセントになってます。
DSC09738.jpg

おお!自分の世代直撃のサンダーバード秘密基地
これに手を加えるのも意表をついてます。
DSC09734.jpg

損傷してしまった熊本城の修復中をモデル化しています。
スゴイなぁ
DSC09725.jpg

正直、ウエザリングで実感を出した作品が多かったのですが、このように新品の車両で実感を出すのは難度が高いと思います
DSC09721.jpg

ペーパークラフトなのですが・・・・
これは横須賀港ではないですか!
それだけでも感涙ですわ・・・
DSC09715.jpg

シャトルと747という一度は夢を見たのですが、搭載用クレーンまで再現されている・・・ううむ、これも夢ですわ
DSC09706.jpg

スターウオーズのあの場面ですね。
スラスターが光っているのがシブイです。
DSC09703.jpg

・・・ええ、なにかが足りない
まだ続きます

2017静岡ホビーショー華の新製品(その1)

今年も静岡ホビーショーに行ってきました
DSC09947.jpg

まずはショーの華新製品の紹介から
今回沢山の魅力的な新製品が発表されたのですが、自分が気が付いたのを紹介させていただきます

まずは飛行機もの
プラッツさんからT-1だそうで
まずはB型からです。5術校の写真がついてますが、マーキングはこれだけではないでしょう・・・・
DSC09761.jpg

同じくT-2の後期型も。
ブルーインパルスがリリースされていましたが、ようやく出るみたいです。
が・・・・マーキングに教導隊が含まれていない・・・・これは別にリリースされるのかしら?
あとF-1迷彩のもないなぁ
DSC09760.jpg

車のプラモで有名なエブロ社からまさかのホンダジェット
48だそうです
DSC09782.jpg

イタレリから出たばかりですが、スペシャルホビーからも!まさかのサンダーランドが被りました。
あちらではそこまで渇望されるアイテムなのかしら
DSC09768.jpg

タミヤはブルムベア後期型
箱型なのでスクラッチビルドアイテムだったのはもう30年前かしら
(ボールマウンドの機銃はティーガーから流用するのが鉄板でしたなぁ)
コーティングは別売りシートだそうです
DSC09771.jpg

バイクは正直予想していなかった
サスが前後とも完成後も動きます
(自分的にはFZとかGPZとかが良かったのですが)
DSC09769.jpg

ドラゴンは1/72にリキを入れるそうで。
レベルと被るアイテムが多いですが。。。どうなるかな
DSC09762.jpg

造形村はS型が次か・・・NF100 なにもかも皆なつかしい
やっぱりノーズとおしりが気になる・・・
DSC09759.jpg

続きます
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク