FC2ブログ

Challengers (challenger2 その2)

組むのはできました
Challenger 2
DSC00880.jpg
challenger1
DSC00879.jpg

砲塔はなかなかDetailがよろしい
砲口を作り直しているのは、細部が・・・ではなく、亡くしたので作り替えたので・・・
でも側部の雑具入れが空なのがちょっと寂しい・・というか目立ちますわ
DSC00881.jpg
ちょっと荷物を入れてみましょう

エポキシパテから
DSC00885_20171231103447011.jpg

こねてみます。寒い時はこねづらいのですが、混ぜる前に各々を別個に温めてからこねるといいです。
DSC00886_2017123110344833e.jpg

これを伸ばします。
打ち粉(?!)はパウダーを使いますが、手近にあったベビーパウダーを使います
DSC00887_20171231103450cb4.jpg

麺棒はタミヤのペイントマーカーのを
DSC00890_20171231103453419.jpg

伸ばしてから打ち粉を水で落とすと接着力が復活するみたい
伸ばし終わってからしばらくしてから形を付けるのが良いみたい
DSC00888_20171231103451447.jpg

小さく切って入れてみます。
いい感じになりました
DSC00892_20171231103454577.jpg

あとはヌリだな

師走周遊

師走になり寒くなってきましたね。
プラモの展示会もあり、ちょっと廻ってきました。

まずは趣都秋葉原
DSC00805_20171227203705acf.jpg

模型屋を廻ってきたのですが、目ぼしい獲物はなし
(今探しているのはハセガワ200 MD-11,AC-130,イタレリ F-84Fとか)
でも珍しいのを発見。リアルなマリオです。
ゴーカートばかり目が行きますが、随伴車もクセものですね
DSC00807_2017122720370715f.jpg

お昼になりお腹が空いてきました
台湾から中華づいており駒込の兆徳さんに行ってきました
IMG_2404.jpg

うわさの卵チャーハンが美味しい。パラパラです
IMG_2402.jpg

あんかけ餃子がうまい!絶品です
IMG_2403.jpg

その後巣鴨に
初めて行きますが言われるほどお年寄りがいない・・・・
DSC00809_20171227203710116.jpg

鉄道模型のさかつうさんに行きました
以前に行ったカトーさんよりは小規模ですが、これは!というアイテムがいっぱいです
ここはもう一度来なければ
DSC00808_20171227203709d2d.jpg

最後は池袋へ
毎年年末に行われるテングモデラーズさんの展示会です
今年はまんがモデルだそうで。
おなじみのマンガから最近(ええ、よくわからなかったのも・・・)まで網羅されてました
DSC00828.jpg

気に入ったのを紹介させていただきます
やはりワイルド7の飛葉さんはあこがれでしたわ
DSC00811.jpg
プラネテスから
アニメ見ていました
DSC00813.jpg

あ、ユーリですね
DSC00814_20171227203716db2.jpg

20世紀少年から
作者の方と ええ、友愛されてまう!
DSC00812_201712272037135d3.jpg

釣りキチ三平。
マンガの繊細な感じが表現されtます
DSC00824_20171227203724db4.jpg

ギョは知らなかった・・・
DSC00815_2017122720371849b.jpg

この作者の方のフィギュアはいつ見ても好きですわ
街角の感じも好きです
DSC00816_20171227203719e2c.jpg

松本零士の衝撃降下90度
大昔、ホビージャパンでもありましたが(たしかフロッグのワイバーンを芯にしていたようなコメント欄参照ください。おなみ様ありがとうございます)今回拝見した作品は二重反転プロペラを可動させ芯ブレが見られない精度が高い工作でした
DSC00823.jpg

同じく我が青春のアルカディア
台場さんがマーキングされました。
DSC00818_20171227203721266.jpg

これは・・・・・・やはりこう来たか・・・
oh !透明人間ですよね。なつかしい
DSC00827_2017122417230316e.jpg

あとうる星やつらのラムちゃんとか(撮り忘れた・・・がっ!(電撃に打たれた音))見応えがありました
来年も楽しみにしています

ビルを出たら看板が。
ロボ基地はここなのね、今度来なければ・・・・
DSC00829.jpg


最近査収した本から

最近買ってきた本を紹介しますね

モデルアート社は以前から別冊でプラモの基本(テクニック、材料とか)を出しています。
テクニックのはそれほど陳腐化しないのですが・・・・(それでもPCの利用でパソコン通信の話はさすがにOut of dateというかもはや懐かしい)
DSC00610.jpg

最近スケールモデルの常識と非常識として3巻発行されました
1巻は工具関連、2巻は塗料でしたが、特に2巻は出版した途端、AKとタミヤの新シリーズが出てしまい、即out of dateになってしまったのはついてないですね。

今回、3巻としてウエザリング塗料編がでました。
正直、ファレホ、AK,migの海外勢、クレオスの日本、またまたもはやトレッドなエナメル、パウテルとか出ておりよくわからない状態。

今回それぞれサンプル(塗布した状態)がカラーで示されており、どの塗料がどのような効果、色をしているのが一目瞭然で一覧として使えます。

ウエザリング塗料はもちろん、テクスチャー系(泥とか雪の効果を出す)、クリアー(コーティング)、モジュレーションのも網羅しています

またそれを使った(実際にプラモに使った状態)のも出ており、これはおすすめです。
DSC00612.jpg

ホビージャパン誌は前回Extraを紹介しましたが、今回はnext
Next誌の前回ロシアでしたが、今回はUK。
最初はタミヤのイギリスへの愛(確かにタミヤの英軍車両、英車は傑作が多い気がする)、エアフィックスのプラモ愛をテキストされており、読み応えがあります。プラモの作例はもちろん(今回は嘉瀬さんのダイオラマが一番印象的でした)風景とかの写真も多く(真ん中のオネーサン写真はスケールアビエーションよりほっこりしています)プラモはうまくならないと思いますが、プラモを買いたくなる、作りたくなる、イギリスに行きたくなりますね
DSC00614.jpg

ああ、イギリスに行きたい・・・・
DSC08512.jpg

台湾に行ってきました

家族と台湾に行ってきました。
(その前の週に新竹の公開があったのに・・・)

出張の時はJALで行きましtが、今回は香草航空(中国語でバニラエアはこう書くそうで)
なにせ往復でJPY30kですので
もちろん(!)成田からです。
最初はこの飛行機に乗ると思っていました。
DSC00629_20171214215732f0f.jpg

搭乗案内に従って行ったらバスに乗れと。
バスに乗ったら15分ぐらいかかると。どこまで行くのかな・・・と不安が募る
飛行機ファン的にはランプツアーみたいなものか(違)
DSC00634.jpg

ああ、コンテナが・・・案外難しい
DSC00647.jpg

第3ターミナルを出て第1ターミナルの端まで来てしまった
DSC00650_20171214215736b4e.jpg

着いたのは最近LCC用に確保されたスポット。向こうにビジジェットがいるわ
DSC00655.jpg

一応小さいながらもスペシャルマーキングが
DSC00658.jpg

タキシーアウトしてからも卑しく撮る
DSC00663_20171214215740644.jpg

今回は非常口前の席を取ったのですが、LCCと思えない程快適でしたわ。ええ、お勧めです
DSC00676.jpg

オントップすると眩しい青空が。
LCCだと映画等オーディオサービスがありませんので読書に専念です
DSC00680_20171214215743a03.jpg

台湾に到着
今回は台北だけでしたが、満喫しました。
ブレードランナー風の街角
DSC00691_20171214215745640.jpg
DSC00716_2017121421574688e.jpg

美味しい料理
IMG_2350.jpg

ディンタイフォンの小籠包は最高
IMG_2353.jpg

でもマンゴーかき氷は台湾でも冬食べるものではないな。(おいしいけれど)
IMG_2356.jpg

あっという間に帰る日
台北は桃園空港でしたが、送迎デッキ等もなく、また機内からです
お。A350です
DSC00726.jpg

さすが中華航空のホーム。多いですね
DSC00730.jpg
Tiger airのA320
DSC00734.jpg
ANAもスカイマークもここで整備しているのね
DSC00753.jpg
おお、Dream lifterまで
でも本機が改造されたのもここだし、そもそも原型は中華航空の744でしたね
DSC00747.jpg

帰ります。
飛行機の旅行でいいのは窓際だと延々と空を見ていられることでしょうか?
毎日の生活ではゆっくり見ていることできませんが特に夕方とかですと魅入られてしまう
DSC00768.jpg

帰りは早く着いてしまう
次はどこに行こうかしら。また来年もたくさん飛行機に乗れますように
DSC00789_20171214215817504.jpg

最近査収した本から

ホビージャパンEXの最新は模型の写真を撮るでした。

DSC00613_20171202121513695.jpg

大昔(30年ぐらい前かな)のホビージャパン誌にもスタジオでの撮影方法というかどのように撮っているかが紹介されていましtが、現代の撮り方はさすがに違うのね。昔は照明でプラモが曲がる・・・もありましたが現代はLED等でそのようなこともなし、デジタルなのでリアルタイムに分かるし・・・その分センスが問われるのかしら

今回はプロの撮影方法が掲載されており、これだけでも買いでした

模型雑誌ももう40年以上読んでいますので好きとか嫌いとかあります。
モデルグラフィックス誌は卓上で小物と一緒に撮るのもあり、こういうのはかなり好きです。
(好き嫌いが分かれるところだと思います)
こういう感じね
DSC00616.jpg
でもマクロ撮影でボケたりしているときもあり、プラモ工作(連続で撮っているやつとか)はちょっと見辛い時があります。

モデルアート誌は逆にプラモをストレートに撮る感じで、工作の参考にはなるが、ミニチュアとしての撮影はこれでいいのかな・・・の疑問がある時も。
昔の岩河さんのころは屋外撮影とかあったけれど(実物に寄せようという気持ちは分かるけれど・・・自分はイマイチでした)最近は屋内ばかりみたい
特に背景とかもろテクスチャーが出ているのはどうかしら?
DSC00617.jpg
ホビージャパン誌は細部もきれいに映りかなり好みなのですが、本誌の編集方針が自分には合わない・・・(キャラクター中心でしょ)
DSC00619.jpg

プラモ作りには多分やくに立ちませんが、今回はプラモ撮影に興味があるならMust buyでしょうか
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク