FC2ブログ

ブリテイッシュ作戦(その15)外伝その2 カメラの設定とか

・・・の前に
写真を撮る目的をはっきりしましょうか?
大きく分けて
1 そこに行った、ソレを見たことの証拠、思い出として
2 資料写真(模型とかイラストを書く際に)
3 自分のイメージを写真として残したい
4 自分のコレクション
等々

自分は1とか2の理由ですね。(主に1かな)
博物館とかエアショー、飛行場に出かけて撮影するのは飛行機への自分のイメージを確立したい、それを思い出すための手段として写真を撮っております。
よってそれほど凝った撮影をしていないのであまり参考になるかは・・・

カメラ
正直、ひとそれぞれ思い入れがあり、またフィルムを使用して素晴らしい写真を撮られる方もいらっしゃるのでここでは理想論として博物館で撮るにはどういうのがいいかを見てみましょう

また博物館での撮影専用にカメラを購入する方は極少数であり、他の用途と兼用される方がほとんどと思ますが・・・

博物館では暗く、相手は動いていない、スペースがないのが主になります。
よって高感度が強いカメラが良く、良くいえばあおって(下から撮る)ためバリアングルのモニタがあれば最高です
そうすると最新鋭のEOS RとかNikon Z7が一番イイのですが、工夫(三脚とか使用)すれば古いカメラでも大丈夫だと思います
なにせ暗いといえども相手は止まっていますから。
(逆に飛んでいる飛行機とかなるとAFが良くてバッファ量が多い中級以上のカメラ(EOS7Dとか)がお勧めです)
一眼レフでなくてもコンパクトカメラでもいいと思いますが、暗い中のAFが弱いのが多くちょっと工夫がいります(後述)
これからはミラーレスなのかなー
61U9_8VlsXL__SL1000_.jpg

レンズ
理想を言えば単焦点の明るいレンズが良いのですが、狭いスペースなため標準ズームレンズが妥当な選択になると思います。
フルサイズセンサー機だと28~70mm APS機だと17~50mmでしょうか?これ以上広角だと使いこなしに一工夫がいります
(なにがなんでもフレーム一杯に機体を収めるのがいいわけでもないかと。結構ひづみます)
またレンズを付け替えた際にほこりが入るのを防止するためにもズームがいいかも(カメラにレンズを付ける時もほこりが立たない場所が良いらしい)
昔はズームレンズはなんじゃこりゃ?のもありましたが現代のはなかなか良くなってきました。
サードパーティ(シグマとかタムロンとか)も素晴らしいですが純正の場合、現像用ソフトでの補正がデータが揃っている分優位になります。
レンズの明るさもしかりで、マ、お財布と要相談ですね。

設定
三脚使用前提です
撮影モードがありますが、絞り優先モードにします。古いカメラだと高感度にすると画面が荒れる(というか劣化する)のでISO400ぐらいまで。レンズの絞り値は開放から
ちょっと絞った値(開放F2.8ならF4,F5.6ならF8)にします

あとは暗くなったり明るい分はシャッタースピードが変わります。暗いとシャットースピードが長くなるので三脚が必要にあるわけです
フィルムではなくある程度撮影枚数に余裕があると思いますので、撮った後画面を確認して暗かったら露出補正(この場合プラスにする)
をすると良いと思います

AFが作動しない場合は、近い場合はフラッシュライトでピントを合わせる場所を照らし、AFを合わせMFモードに戻すか、最初からMFでピントを合わせるのがいいと思います。
これは事前に部屋を暗くして練習するのがいいかと

アクセサリ
三脚は必須です。
事前に博物館のHPを確認し三脚の使用可否は確認した方が良いかと。(書いていない場合はメールでGO!)
三脚もいろいろありますが、あまり重いと途中でイヤになるし、軽いと揺れるので見極めが必要です
また最大高(伸ばした時の高さ)は腰ぐらいにこないと撮るときに中腰になり疲れます。また縮めた際にはバックに入る長さにしないと別出しになってしまいます
自分の場合、載せるのは標準ズーム付きの一眼レフに限定し、大きさは縮めた時にはディパックに入る大きさで探しました
SIRUI(シルイ) T-005KX+C10S 小型アルミ三脚 5段にしたのですが、正直ちょっと弱いかな・・・の印象です
雲台は自由雲台なのですが、正直アーム式の方が使いやすいかも。これは好みがでますね
P1010035_20181130171708f2e.jpg

カメラと三脚を接続するのはネジこみなのですが、ワンタッチで取り付けられるホットシューを付けておくと便利です
これも種々ありますが、自分はハクバ社のを40年ぐらい使ってますが特に不満はないです
左側をカメラにねじ込み、右側を三脚につけます
DSC02744_20181130171706811.jpg


レリーズは必要になりますが、リモコン(遠くから無線で作動させる)ので代用できます(そっちの方が安い)

またご質問とかあれば(つか、そーじゃねーだろ!もあると思う)コメント欄にお願いします

ブリテイッシュ作戦(その14)外伝その1 イギリスはおいしい

自分の好きな本で林望先生がお書きになったイギリスはおいしいという本があります。イギリスを食事の面から語られている本で、イギリスに興味がある方は是非とお勧めする本であります。(これの続編イギリスはおいしい2も出ており食事色は薄まりましたがこちらもお勧めです)
昔からイギリスの食事は美味しくないことで有名だそうでおいしくないお話もたくさん書かれております。自分は今まで10回くらい行きましたがまったく味がない麻婆豆腐とか経験してことがあります。
が、正直それほど拙いかぁ?が本音のところであります。ええ、結構好みです。

朝ごはんです
バフェ(バイキングというのは向こうでは言わないみたいです)スタイルですが、典型的な朝ごはんです(これにお茶がつくかな)この豆がベイクトビーンズでトマト味になっています。またソーセージですが日本で一般的な燻製になっていません。
自分はこれはコレでうまいと思うのですが・・・
IMG_3280.jpg


お昼は今回フィッシュ&チップスに凝りました。(どうもうまいと同じのを続けて食べるクセがあるのです)
日本では魚が小さくてイモ(日本でいうフレンチフライをチップスといいます)が少ないのですが向こうではたっぷりありお腹一杯になります

イギリスでは立ち食い屋(日本のたこ焼き屋に近い)でもあるのですが、今回は食堂で食べました。ええ、ビールもあるし。
味付けは塩とかビネガーをかけて食べるのですが、ビールにあって最高ですね
これはコスフォードの博物館の食堂
IMG_3268.jpg

これはユーストン駅前のパブ
IMG_3279.jpg

が・・・・
Heathrowでカレーを見かけてどうしてもごはんが食べたくなって食べたら・・・
カレーのルーはいい。しかしごはんが蒸かしたもので炊いていないのですよ・・・
やはり最後にやられたわ・・・
IMG_3300.jpg

PS
アシアナの機内食は韓国料理がチョイスできます。
ビビンパ(バではパだそうです)が出てくるとは思わなかった。左にある材料(?)を中央の皿に入れて混ぜます。ええ、うまいのですがなにか違和感が・・・
DSC02613.jpg

PS2
最後に途中の経由地金浦空港で食べたカップ麺・・・やはり麺はいい・・・
(ビールもバドワイザーぽくて美味しいです)
IMG_3305_20181124170319a27.jpg




ブリテイッシュ作戦(その13)

さて帰りますか
DSC02550.jpg

バスは1時間に1本程度なので時間を合わせればいいのですが、タクシーを使います
受付でお願いすると呼んでくれますが、どこまで帰るか伝える必要があります。
自分はWhittlesford parkway駅までお願いしました。(つかタクシーを呼ぶ方はそこかCambridge駅が多いと思う)
名前は?と聞かれるのですが、この時NakamuraとかTanakaと言っても言いづらい様なので自分の英語名(ペギー葉山(古!)とかダンディー坂野とかあるでしょ)を決めておくと良いです。
自分の場合、米人を含めた飲み会でその話題になり、決めなよ!というのでTomでどうかな?と言ったら米海軍大佐(しかも女性)にアナタ、私のTomのイメージじゃないわとまさかのダメ出しされたことが・・・・

すいませんが幾らかは忘れました・・・
Whittlesford parkway駅到着
DSC02551.jpg

Whittlesford parkway駅~Tottenham Hale駅(乗り換え)Euston駅に行き、宿に戻って荷物をピックアップします

その後はEuston駅からPaddington駅までは地下鉄か・・・と思ったのですが(ロンドンの地下鉄は案外エレベータとかなく荷物持っていると不便なことが多い)ここはロンドンバスで行ってみます。
ロンドンでは地下鉄、バスはOyster cardという電子キップで乗れてしまうので小銭不要で乗れます
車内はこんな感じ
IMG_3297.jpg

途中、あのベーカーストリートを通ります。週に一回は殺人事件が起こる米花町より治安は良さそうだ
IMG_3299.jpg

Paddington駅からHeathrow空港まではHeathrow expressです。これは前述のブリットレイルパスで乗れるので便利です。

Heathrowはチェックインした方が撮りやすいですね
DSC02561.jpg

スイスのスタアラ機です
DSC02571.jpg

そろそろ乗る時間ですがしつこく撮る・・・
これはゴム製フードを押し付けて撮ります
DSC02609.jpg
さていきましょう
DSC02612.jpg

ほぼ満席で仁川まで帰ります
帰りは仁川~金浦を移動しなければならないので一度韓国に入国します。
ここで注意なのですが、日本人の場合、韓国人と似ているので韓国人用の入国書類を渡されてしまうことがありますが、韓国人じゃない場合書類が一枚多くなるので機内で日本人だけどと言っておくと渡してくれます。それがないと入国時に書かされることになりますので要注意です。(でも入管の人が親切で教えてくれましたわ)
前回は仁川~金浦はバスだったのですが、今回は高速鉄道です。駅は案内がでているので迷うことはないかと。
4500ウオンでした
IMG_3301.jpg

誤算だったのが金浦で駅から空港まで地下道ですが結構あるきました。
金浦空港到着(これはチェックイン後です)
DSC02615.jpg

金浦~羽田はA330でした。(初めてでした)
DSC02617.jpg

東京到着
DSC02626.jpg

実はここからが苦闘
2200到着予定でほぼ定時到着
でも荷物が出てこない・・・

バスが2245分だったのですが、35分ごろ出てきて税関(止められなくてよかった・・・)を抜けてギリギリでした。
乗ってから一息・・・・

次はどこに行こうか

ブリテイッシュ作戦(その12)IWM Duxford(その4)

承前
この日は帰国・・・じゃなくニホンに行く日なのであまり時間がありません。
この奥にハンガー8として陸戦ものの展示があるのですが今回はオミット(以前にここだけをこってり見たことがあるのです)
戻ってハンガー1 Air spaceに行きます
このハンガーは最新で英国で作られた機体をメインに展示されています。
ここがまたクセもので・・・・

多くの機体が詰め込まれていますが、上からも見ることができます
またソードフィッシュはここが一番良く観察できるかな。FAA機じゃなくてレーダー付きの夜間攻撃機ですが
IMG_5575.jpg

ライサンダーはここでも吊られているのですが米ウドバーハージーでもそうだわ
IMG_5581.jpg

向こう側にも回れます
IMG_5597.jpg

下の階(一階というか・・・否!英国なのでGround floorか)も降りれますがここが狭いの
小型機でも他機が入ってしまう(ラダー部注目)大型機(ConcordeとかTSR2とかも)は全景は入らないです
機体毎にロープオフして回れます。また床が白いので(どっかの整備工場みたい)下面が明るく見えます
(EOS5DMk2 Tamron 28-70 F2.8 1/30 F3.2 ISO3200 28mm相当)

IMG_5607.jpg

でも・・・・
正直、自分にとってのダックスフォードの最大の魅力は自分のイメージの映画空軍大戦略なのです
あの映画の世界に入れるのが魅力です
またあのころ英独の空軍の方々は死力を尽くして戦ったンだろうなぁと妄想にふけるのが良ですね。
こういう空間は日本ではないなぁ・・・
そういうイメージで撮りました

この建物はコントロールタワーで。現在も使われています
IMG_5473.jpg

フライトラインに向かおう
IMG_5475.jpg

窓の向こうに見えるのは・・
IMG_5469.jpg

また来ますね
IMG_5632.jpg

さてこれから日本に帰り・・・じゃなくて行きますよ

ブリテイッシュ作戦(その11)IWM Duxford(その3)

承前
前回の記事での地図だと4のBattle of Britainの展示です
あの英本土航空決戦だけでなく、その後のV1要撃、現代の防空までテーマにされております

勝者のサムアップ
IMG_5476.jpg
そして敗者
このBf109Eのヌリは自分のイメージとおりです
IMG_5479.jpg
10年前は全部の長さがあったけれど、短くして屋内展示になったV1発射ランチャー
V2は良くあるのですがV1は案外すくないような
IMG_5507.jpg

ちょっと奥で尾部等が観察できないのが残念
でもインテーク上側の盛り上がりがスペイファントムですね
IMG_5492.jpg
このトーネードは最近退役して直接Duxfordに降りたそうです
トーネードももう終わりですね
IMG_5487.jpg

次のハンガー5はレストア用になっているみたいです
外にあったビクターをレストアしています
作業を見る限り、フライアブルに・・・ではなく腐食を取っては破損部位を修理する感じですね
IMG_5524.jpg
この装甲車も・・・その奥の壁沿いに保管しているエンジンも垂涎ですね
IMG_5519.jpg

その奥のハンガー7はAmerican air museumとして在欧米空軍を中心とした(当時飛来した米軍機も含む)米軍機を展示しています
こういうの日本も欲しいなぁ・・・・
吊るされているのも多いですが自然光も入り(あんまり詰まってないし)撮りやすいと思います
また今までは作業しているハンガーに通路があってそこから見学のパターンでしたが、ここは機体毎にロープオフされて基本的には全周から見えます

IMG_5547.jpg

F-4Jで残っていたのね・・・・(F-4Sに改修されたのが多いので)と思ったらF-4J(UK)として英空軍で活躍された機体を米海軍のヌリに戻したそうです。よってコーションデータ等はマクダネルから出てきた当時のシルクスクリーンになっていて凝ったヌリになっています
IMG_5544.jpg

F-111Eは永遠の憧れです
IMG_5557.jpg

まだおわらない・・・

ブリテイッシュ作戦(その10)IWM Duxford(その2)

IWMダックスフォードはもともと飛行場であり、映画Battle of Britain (邦題:空軍大戦略)の舞台になっております
よって以下の地図の左側は芝生の飛行場になっておりますのでフライアブルな機体が並んでいることも。

また展示も複数の展示館(というかハンガーというか格納庫というべきか)から構成されております
ここも多くの写真が公開されているので、ハンガー毎に気が付いたコトを書きますね

地図

Visitor centreから入って飛行場地区を見るとスピットがトーイングされてました。
大戦機は後ろからトーイングするのね
IMG_5389.jpg

同じくフライトラインにあったB-17 
大型4発機をフライアブルするのは尋常ではない手間とお金がかかるみたいです
IMG_5395.jpg

地図でいう2のハンガーはFlying aircraftと銘打っているだけあり、飛行可能な大戦機の格納庫になっています
よって機体が格納されたハンガーに見学用通路が設けられておりそこから見るかたちになります

よって手前の機体は近くで見れますが奥の機体(この写真ではF8Fとか)は近くで見れずお目当ての機体だとちょっと歯がゆいです
IMG_5397.jpg

このように整備中の機体もあります、エンジンが丸見えになりますが、アングルが制限されます。(左側は見れない)
あと整備の機材とかは現代のを使っているのでそのまま大戦中のダイオラマにするとちぐはぐになります。
(例 エンジン下のオイルパンは帯電しないゴム製ですが一般的になったのはこの20年かな)
IMG_5398.jpg

逆に現代のレストア工場のダイオラマにすのもいいかも
IMG_5404.jpg

2のハンガーは部屋(?)が2個にわかれており、奥のは作業されてなく保管用みたいです。ここも通路がつけられているだけなので奥の機体ユングマスタとかプチョンは近くで見られません。(近くに機体があるので中望遠でもスッキリ撮れないこと多いです)
IMG_5417.jpg

3のハンガーはAIr and seaとありますが、多種の機体が展示されてます。
このSpitとMustangはフライアブルです
IMG_5424.jpg

通路次第ですがこういう風に近くによれますが、ここも奥のP-47は近くで見れません
IMG_5432.jpg

オーシャングレーとダークグリーンの80年代のヌリ(自分が一番なじみがある時代)ですが、彼女を近くでみれたのがうれしい・・
IMG_5447.jpg

続きます

タガネ研ぎ直ししてみました

特に飛行機プラモだとスジボリのやり直しを行う機会は多いと思います
(ここではなんでスジボリするの?実機では・・・とか凸でもエエやん!の話は心の棚に置いておきます)

スジボリを行う道具はいろいろ出ていて自分のところでも以前紹介しました。
タミヤを紹介
大昔はオルファのアクリルカッターをグラインダーで加工したり(最初にやったのは中学生のころ技術の時間に・・・なんてオマセなの!)金鋸の刃を加工したりしました。・・・あれから道具はそろいいい時代になりました。

現代ではタミヤのスジ彫りブレード、クレオスのラインヂゼル、ファンテックさんのと並んでスジボリ堂さんのBMCタガネがメジャーでしょうか?
このタガネはプラモ用に開発ではなく宝飾用からみたいですね。(細いのは模型用が主みたい)

自分はこのタガネを主用しているのですが、使っていると切れ味が鈍ったかしら?の事態があり今回研いでみました。
宝飾系の職人の方を拝見すると手で研いでいるかまたは精密な装置を使っているのですが、手軽に・・・ということでホルダを使ってみます
スジボリ堂さんが詳細な手順を示されています
スジボリ堂さん
これに従ってやってみました
道具はネットで注文しますが、今回は野沢製作所さんにお願いしました
他の扱われている製品を拝見するとなかなか面白いです
野沢製作所さん

ヤスリは売り切れだったみたいでアマゾンに発注したのですがなかなか来ない・・・
現状をチェックすると・・・・China mailになっていました。(自分の経験だとここからだと掛かるの・・・)
来た製品をみるとmade in Taiwan・・・謎だわ
が正直サンドペーパーを平板に張ったものでも代用できると思います(特に3000番台の細かいのは)

こういうセッティングになります
DSC02735.jpg

刃が合うようにします
DSC02736.jpg

結果
ちょっと上側のみしか砥げてないなぁ・・・この状態でもかなり切れ味は復活しています
DSC02739.jpg

結論として砥げることは分かりました。
またスジボリ堂さんでも研ぎのみの作業を受けていらっしゃるので、出すのもいいかもしれませんね
(特に派手に欠けたときはお願いするしかないかな)
スジボリ堂研ぎ直し

ブリテイッシュ作戦(その9)IWM Duxford(その1)

最終日になってしまいました
でも帰りの便が遅いので時間までダックスフォードに行ってきます
前回はWhittlesford Parkway駅から歩きました
前回

今回、歩くのはめんどくさいし、タクシーはないかな・・・とグーグルを検索していたらバスの路線があるではありませんか。
コレやと思い飛びつきました
(後で検索したらIWM duxfordのサイトで案内がありました)

生き方

地下鉄Tottenham Haleから電車に乗り換えてWhittlesford Parkwayに行きます
スタンフォード空港行きの電車もここから出ているのね
IMG_3282.jpg

降りてタクシーあるかなと思ったのですが特になし。バスで行きましょう

地図でいうAの地点
のどかな初秋な日です
IMG_3285.jpg

地図でいうB地点
左側に小さいバス停がみえます
IMG_3286.jpg

ほぼ定刻にバス到着
バス自体は小さく日本でいうコミュニティバスみたい
乗客は自分だけだったわ
料金は先払いで2ポンドくらいだったかしら
現金のみでした
IMG_3288.jpg

到着
平日の10時なのに結構人がいました
状況開始です
DSC02549.jpg

ブリテイッシュ作戦(その8)FAA museum(その3)

つらつら考えると、博物館に展示されている飛行機の写真はそれこそ星の数程公開されていますが、細かな展示品はそれほどupされてませんね。この辺の小物こそが博物館のだいご味かと・・・

今回はその辺を紹介させていただきますね

この手のプラークは米海軍ではよく見るのですが、元祖はやはり英海軍なのかしら?
米海軍の場合はフィリピン製が多かったのですが、英海軍はどこで作っていたのかしら・・・
DSC02499.jpg

ここのFAA museumは海軍航空隊なため空母関連の展示が豊富です
イラストリアスの舵輪です。現代のはもっと味気ないのですが、大戦時は立派なのがついているみたいです
DSC02503.jpg

時鐘というか船鐘 HMS ARK ROYALのです。
DSC02530.jpg

Battle of Britainの際には海軍航空隊の方もRAFの指揮下で参加されていました。
海軍の制服で搭乗されていたそうなので、これをモデリングに反映するのもシブいかも
DSC02521.jpg

クラシックな飛行服ですがF-4のパッチが。肩章が大佐なのでベテランパイロットですね
DSC02518.jpg

Hole3では艦橋風な展示があります。ドアを開けるとテレビに写ったイケメンな海軍士官が案内してくれます。
なんとなく007、サンダーバード等の英エンターテイメントを感じます
が、現代のクイーンエリザベス級空母ができる前からですので・・・・大衆に広報し何としてでも正規空母を得る英海軍の執着を感じてしまいました
DSC02532.jpg

ペンサコラの米海軍航空博物館でも空母の模型が多数展示されていますが、ここでも。
ガラス張で展示されているので、ガラスに密着すると全体が映らず、離れるとガラスへの映り込みが激しく・・・
偏光フィルタでも限界があり、これは課題にさせてください・・・
IMG_3275.jpg

外にでると最新鋭クイーンエリザベス級の子供用遊具が!
横須賀市、大和市(もちF-35Jの配備を前提に・・・ムフ。)もいずも級護衛艦のを速やかに設置しなければ!
IMG_3278.jpg

ちょっと駆け足になってしまいましたが、また来たいなぁ・・・
ロンドンに帰りましょう
DSC02548.jpg

ブリテイッシュ作戦(その7)FAA museum(その2)

FAAミュージアムは入場料がかかります。
窓口で買うと16ポンドですが、あらかじめネットで購入すると12.75ポンドなのであらかじめ買っておくのが良

中は4個のフロアに分かれています

基本的には以下のジャンルに分かれております
(基本的・・・なのでホール1にシーキングとかリンクスがいます)
ホール1 黎明期から空母ではない艦載機
ホール2 第2次大戦
ホール3 戦後のキャリアオペレーション
ホール4 戦後~現代
基本的には各ホールは逆行はできないみたい(特に2から3はできないかと)
P1010036.jpg

各機体の写真とか歴史はこれまた星の数ほど公開されているので各ホールでの撮影状況を説明させてください

ご希望がありましたので撮影データを添付します
機材は特記がない限りボディEOS5D Mk2 レンズtamron 28-75 F2.8 三脚使用です
RAWとJpeg同時に記録していますが今回お見せするのはJpegをリサイズしただけで、明るさ、ホワイトバランスの調整はしていないです

ホール1 
すいません第1次大戦機もあるのですがちょっと興味外なので・・・
ウオーラス 1/25 F3.5 ISO 1000
ここは全周廻れます
IMG_5217.jpg

リンクス 1/25 F3.5 ISO 1000
かなり狭いので全景はこのアングルぐらいかしら
IMG_5228.jpg

ホール2
案外暗いです
ワイルドキャット 1/30 F3.5 ISO 1250
IMG_5244.jpg

シーフューリー
展示場の端は更に暗い
1/25 F3.5 ISO 1600
IMG_5259.jpg

コンデジでの例も上げてみます
これは三脚を使っていません(手振れ補正もありますし)
コルセア RX100 1/25 F5.6 ISO3200
DSC02529.jpg

ホール3
ホール2から3への移動は小芝居があって思わずニヤリと
でも本当に暗い EOS5D Mk2ではAFが効かなかった場合もありました
RX100だとAFは効かないと思います
バッカニア 0.5sec F3.5 ISO 3200
IMG_5280.jpg

ここの場所はまだいいのですが
アタッカー 1/20 F3.5 ISO 3200
IMG_5288.jpg

ファントムの場所は逆光なので補正をかけてます
1/8 F3.5 +1 1/3 ISO 3200
IMG_5297.jpg

ホール4
ここはスポットライトがあり露出が難しい
ハリア 1/25 F3.5 +1 2/3 ISO 1600
IMG_5321.jpg

ブリテイッシュ作戦(その6)FAA museum(その1)

Cosfordから帰ってきて時差ボケもありバタンキュー(死語か)
夜中に突如おでんが食べたくなって起きてしまいました。
若いころは海外のごはんでもまったく苦がなかったのですが、最近はラーメンとか夢に出てきてしまう・・・・
二度寝したら6時に起きるはずが7時!寝過ごした!と慌てて宿をでました・・・

Waterloo駅です
が・・・・
電車故障で遅れているそう。
0814の電車に乗るはずが動いていない。
1100再開だと!?
DSC02489.jpg

幸いに1000には再開
ここの会社もFirst classだけどイマイチじゃのう
DSC02491.jpg

郊外に出るとマイドながら鋼の錬金術師風の風景が続きます
DSC02496.jpg

が・・・(またや・・・)
電車は途中で運転打ち切り。後続に乗れとの指示
ああ、また遅れてしまう・・・
途中で降ろされた駅
なにか犬山公園前を思い出してしまった
DSC02493.jpg

目的地のYeovil junction駅に到着
DSC02498.jpg

事前にGoogle mapで確認していましたが、プラットホームが2本あり思ったより大きい駅
でも周りになにもない・・・

FAA museumまではバスはなくタクシーしかないみたい。
タクシー乗り場があるとのことで行ってみるけれど止まっていない・・
2~3人待っていた人がいたけれど皆様迎えが来るのを待っているみたいでした。
来るかな・・・と思って10分ぐらい待っていたらやっと来ました。
正直事前に予約しておく方がいいみたい
でも他のサイトを見てもたくしー来なかった・・・・・はないですね
ヨービルノタクシー

タクシーに乗ったら帰りに何時に来てねをお願いしておきましょう
途中Yeovilの街を抜け畑を超えるて大体10分ちょっとで着くと思います。料金は35ポンドぐらいでした(チップは別ね)

1300ですがやっと到着
状況開始です
IMG_3272_20181103093842b8e.jpg
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク