FC2ブログ

久しぶりに飛行機にのりました

関東地域ではそろそろ緊急事態が解除・・・もうちょっとかかるみたいです。
が私もジャパニーズサラリーマンの一員、社命により出張することに。
久しぶりに羽田から飛行機に乗ってきました。

真っ赤になっているのは欠航です。初めてこんな多いのを見た
IMG_4960.jpg

チェックインするとターミナル内に人がいない・・・いつもは座れないくらいなのに
IMG_4962_20200523174053758.jpg

エプロンを見るといつも通り飛行機はいるのですがなにかが違う
運航されている機体が少なくいつもは走り回っている地上支援車両が動いていないのです
またスポットにいるけれど、ボーディングブリッジが着いてない・・・
IMG_4965.jpg

いざ離陸
34Rで上がって右にひねるのですが機体が軽いせいかシャープです。
城南島がこんな風に見えるなんて
P1010034.jpg

機内もかなりガラガラ。
早く飛行機に乗って遊びに行きたいですね
P1010061.jpg

最近査収した本を紹介

自分が住んでいるところはまだ警戒が解けていないのですが、他ではだいぶ緩和してきましたね。
もう少しだと思いますのでがんばりましょう

最近は甘いものも作っております
プリンです
IMG_4938.jpg
チーズケーキです
IMG_4940_20200518175633320.jpg
うまいわ・・・

さて最近買ってきた本を紹介しますね。
IMG_4956.jpg

アーマーモデリング誌の今月号は砂埃特集
藤井博士の砂漠の解説があり、それをいかにモデリングに反映させるHow toで構成されております
砂漠は北アフリカ、湾岸地域、イラク、アフガンが解説されてますが、北米(訓練場があるので)コビ砂漠(まだ早いか!)
は残念ながら載っておりません。
今回の驚きは高石誠氏によるフィギュアヘッドの塗装。
目の光彩まで書き込んでいるなんて・・・・

自分的には72の車両のヌリが佳境で次号も楽しみです

ヒコーキ写真テクニックの2020の春夏号
特集は日本のヒコーキ写真家だそうで、正直結構増えたなぁが実感
でも瀬尾さんとかいらっしゃらないのが寂しい
特に徳永さんの記事が一番印象的でした。そうかそう思っていらっしゃるのか
(ちょっと仲間意識w)

恒例の新カメラの紹介。
カメラマンは洲崎氏で正直上手い人はなにを使ってもうまいなぁ
もうちょっと意地悪な比較してもいいと思うけれど(同じ被写体、状態で撮って等倍を比較するとか)
EOS Rがなかったのがちょっと残念

コンテストで使用カメラに注目したのですが、D500が案外すくないのが意外。
キャノンならEOS5D Mk4,ニコンならD850が多い様な

見ているだけで飛行機写真を撮りに行きたくなります

オールカラー200PでJPY2Kはお買い得ではないでしょうか?お勧めです

複製してみます

今までも行ったことがある複製ですが、もう少し実戦的に
バイク、車で良く見るオイルクーラーです
(昔、ハコスカのフロントバンパーの下に下げてましたね)
表はまあエエとして
IMG_4902.jpg
裏がこれはアカンやろ
IMG_4903.jpg
今回は表側を複製して2枚合わせ(表を2枚つくって貼り合わせる)ことにしました

100均(またや・・)に行ったら型取り用シリコンまで売っているではないですか
これも試してみます
IMG_4904_202005121810427de.jpg

レジンも100均のを使ってみます
IMG_4905.jpg

黄色のシリコンで型取りしてみたのですが、イマイチ細部までとれません
青いのはブルーミックスですが細部まで入りいい感じです
IMG_4901.jpg

樹脂を入れてみました。黒といいますが半透明です
左がブルーミックスを使用
IMG_4900.jpg

細部を重視するならば、100均のシリコンは向いていないのかもしれません(もう少しに詰めるか)

Twosair (その2)キャノピー絞ってみました)

大昔、山登りをしていた時があります。ガイドを買うと”~のガレ場を超えると頂上が見えてくる”とか書いてあっても
実際現場に行くとこのガレ場を超えるのに1時間くらいかかり、簡単に書いてあるけれど実際は~と思い知りました。
プラモでも同様で展示会等で”このキャノピー綺麗ですねー””ええ、絞ってみました”と軽く答えられる方がいてもソレは大変だたんだろうなぁ
と思ってました。

ええ、今まで極力ヒートプレスはやらない人生を送っていたので突如やることになりましたその始末記です
(プラ板でのセミスクラッチは大古にやりました(M3スチュワートの砲塔を初期型に・・・中学生だったわ))

ホビーボス社のTwosairですがキャノピ中心にパーティングラインが入っており、消した方が男前が上がりそうです
細かい水ペーパーとコンパウンドで磨いていたのですが、つい力が入って割れてしまいました
(やはりテレビを見ながらがよくないみたい)
IMG_4801_2020051015471873e.jpg

もう1機買う等考えましたが今回は絞ってみることにしました
(正直、一度やってみたかった)

ネット、模型雑誌を捲り準備開始

透明材はプラ板、塩ビ板等いろいろありますが、今回はまず100均(またや・・)に行ったので(模型屋さんがお休みだったのも一因)ケースホルダを購入
(これで4回できるはず)
IMG_4817.jpg

フチというかガイドは写真フレームを使用
IMG_4818.jpg

型は割れたキャノピー内側に木工パテを詰めました。表面はサーフェイサを塗ってから磨きました
柄は割りばしを使用
IMG_4795_202005101547172fa.jpg

柄を持ってもらい(妻にしていただいたのですが、これへの謝罪と賠償が・・・)いざRock,n Roll !

IMG_4819.jpg

ガスコンロであたため全体がトロっとしたところで押し付けます
IMG_4821.jpg

4個ぐらい絞って一番いいのを使います。
袴というか下側はもう少し伸ばした方が切りやすいです
IMG_4820_202005101547244c5.jpg

IMG_4823.jpg

切り抜いたあと機体に合わせましたがもちろん合わない・・・開状態決定です。

PS
友人にいいyou tubeチャンネルを紹介していただきました
腕利き揃いの浜松のクラブの方が絞られています。
コチラの方を先に見るべきかと
you tubeでの絞り

自炊のススメ

コロナウイルスによる緊急事態処置が延長され5月一杯になりました。
いろいろな考え方があると思いますが、ここは辛抱。
ネットで最近一番染みたのは以下のコトバです
アンネフランクはアマゾンプライムなしで2年半家に居たんだ。プラモもテレビもある我々が2か月できないハズがない!

最近は外に出かけるのがアレなので自炊に励んでおります
料理も好きなのでやってみました
つばめグリルさんのハンバーグレシピが公開されたので。
ええ、自分が作ったのではないくらうまい・・・
つばめグリルハンバーグレシピ
IMG_4920.jpg

今年はRIATもFlying legendも行けなかったので、雰囲気だけでもイギリスなスコン
レシピは林望先生のイギリスはおいしいから
IMG_4909_20200506144427072.jpg

さて本題
いよいよもって部屋(というか家全体の)スペースがなくなり、いよいよ本を始末しなければならなくなってきました
以前、ブックオフに持っていったら二束三文もいいところだったので(航空ファンが一冊100円ぐらい)それもなぁ・・と思い悩んでました。
会社でも書類の電子化がはじまりなかなか便利だったので家庭でもやってみることを検討していました。
ちょっと前なら会社にもっていって裁断してスキャンすることもできた(アカンでぇ)のですが、最近は電子ファイルの持ち出しもうるさくそうはやっていられません(20年前は私物のPCが社内LANに接続できたなんんて・・・)
いつもお世話になっているおなみさんに飲んだいる時相談しましたが、ええ、僕らはその本に愛着があるのよ・・・は激しく同意

とはいっても増殖を続けているので雑誌を中心にスキャンしてみることにしました
(航空ジャーナルなんては多分本で持っていると思う)
あと・・・あの写真どこだっけ・・・がモデリングの時あるとまず出てこないことが多く雑誌を維持する意味は・・になる時があります。
どうせもっているなら活用したい。

いろいろとネットでみましたが以下のが必要になるみたい
本を裁断するのが前提です。一枚一枚捲ってスキャンするのであれば裁断機は不要ですが、非常に遅いです
裁断機
スキャナ
記憶媒体

裁断機はカッターで十分とかではダメです。
自炊用というか業務用のでやったほうが能率が高いです
自分が買ったのはBA58A4というやつでamazonで購入しました
中国製ですが、よく切れます
BA58A4

スキャナーはいろいろあります
snapscanが今までは一押しだったそうですが、エプソンのもいいそうでそちらに
DS-530

記憶媒体は去年買った自宅サーバーに入れることに。
(これが一番高いかも)

やってみました
まず裁断
中綴じの雑誌(昔の世界の傑作機とか、モデルグラフィックス)は開いて真ん中からきればいいかと思いましたが
違います。ホチキスの玉をとるのが面倒なので端から切り落とししたほうがいいです
DSC05660.jpg

航空雑誌は端から切り落とすのですが(これができるのが裁断機です)余裕をもって落としたほうがいいです
写真のはギリギリすぎ
糊がついていてページ間が付いていると詰まる要因になります
またハガキとか折り込み図が抜いておきましょう(これもつまる原因)
DSC05662_20200506144424184.jpg

セットします
この写真だと逆ですのでセットする方向を間違えないように
DSC05664.jpg

設定はこのようにしてます
解像度は600dpi
イメージタイプは自動ですが、それを選択するとカラー/グレーの選択肢がでますねのでそれをチョイス
(デフォルトだと白黒写真が真っ黒になります)
1

白黒ページはこんな感じです
2_20200506160227785.jpg

使ってみた雑感
かなり早いです。MA1冊で10分かからないです
OCRにより文書スキャンも効くので検索が楽です
最近の航空雑誌はいいのですが、大昔の航空情報のような薄い白黒誌、MG誌の薄いカラー紙が苦手でちょっとふるくなるとすぐ紙詰まりになります

もっと早く買えばよかった・・が感想です

Digital duplicateはじめました

今までフィルム時代の写真をデジタル化するにはフィルムスキャナを使うかプリントしたのをスキャンするしかありませんでした。
飛行機写真ではしばらく前に航空ファン誌でスライドデユープ(コピー)を使う方法が紹介され一般的になってきました。
(この方法だとフィルムスキャンより早く良質にデジタル化できます)

今回、10万円くることですし(まだですが)ちょっとやってみることにしました

やり方は航空ファン誌もそうですが他にもネットでも紹介されているサイトがあるのでそれを見てやってみました
(もちろん落とし穴ありました・・・)

道具立ては最初はこういうのを揃えました

左から
タムロン90mm (現在は手振れ防止付きが新型ででてますが、旧型が安かったです)
Nikon スライドコピーアダプター ES-1
MARUMI ステップダウンリング 58mm →52mm
Kenko レンズフード レンズメタルフード LMH55-58 BK 55mm
ステップダウンリングとレンズフードはどのメーカーでもいいのですが、安くて入手上の問題でこれにしました

DSC05617.jpg

カメラはEOS5D Mk2です

この結果、わずかにリングが短くピントが合いません・・・・
(参考にしたサイトで使用していたカメラがソニーαRシリーズだったのでセンサ面とスライドの距離が微妙に違ったからと思います

追加で
ZEROPORT JAPAN ステップダウンリング 58mm→55mm
HAKUBA レンズフード メタルレンズフード 高強度6000系アルミニウム合金製 55mmフィルター径装着用 ブラック KMH-55
を購入です

組んでみた感じはこんな感じです
(バックの生活感はスルー推奨)
DSC05636.jpg

撮影する際には光源が必要です
いろいろ見て、アンブレラ型光源、ストロボ等を使用されている方がおられましたが、今回はビデオ用光源を使用しました

Neewer ビデオライト176 LED球 
DSC05620.jpg

今回使用しましたが特に問題なかったです

こんなセッティングでやりました
DSC05628.jpg

さて
手持ちにあったスライドをスキャンしてみました
こんな感じです。
懐かしい VFA-195のF/A-18Aですわ
色を修正すればもう少し見れる様になると思います
198 7Jul RJTA F-18 1

で・・・問題点
コピーした(撮影した)写真(コピー)を保存するのですが、いちいち保管するのですがリネームする(撮影日と場所は入れたい)するのがめんどくさい
また自分35mmフィルムだけで3万カット以上あるのですがやってられない・・・
あ、自宅にいなければならない今でこそできる作業ね

Keep stay homeにはちょうどイイネタかもしれない・・・・
プロフィール

PAISUKE

Author:PAISUKE
飛行機を見たり模型をつくったり・・・

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク